2016年10月07日

保育士資格って再就職に有利なの?

J94.jpg

今の職場に納得がいかず、再就職を考えているなんてことはありませんか。

でも、実際、今の職場を辞めるにしても、保育士はすぐに新しい仕事や職場が見つけられるのでしょうか。

保育士資格は専門職なので、すぐに仕事が見つかるというイメージもありますし、逆に園に空きが無いと入れないというイメージもあります。

では、保育士は就職先がすぐ見つかるのか、退職後に復帰・再就職するためにはどうしたらいいのか、一緒に見ていきましょう。

 

■保育士の再就職のポイント

再就職をする際に、いつから新しい職場で働きたいのかを明確に決め、早めに動いておくことが必要です。

そして、自分に合う就職先を探しましょう。

保育士は不足しているので、求人としては結構な数があり、仕事自体はすぐに見つけることができるでしょう。

ですが、重要なのは自分が求める条件に合う職場を見つけられるかどうかです。

趣味を大切にしたいなどのライフスタイルを重視したい人もいれば、給料を上げたい、スキルを上げたいなどという人もいます。

そして、前の職場を辞めたい理由もあるはずです。

例えば、人間関係が悪かった、給料が少なかった、仕事量が多すぎる、通勤時間が長いなど、退職に至った事情があるはずなので、その悩みを解決できる再就職先を探すことがポイントになります。

 

■とりあえず仕事は見つかる

保育士というのは専門職であるため、採用してもらえる園は少なくないでしょう。

ただし、条件を選ばなければの話です。再就職をするのには、より良い条件を求めてだと思います。子どもが小さいから30分圏内で通える職場がいいとか、給料は最低でもいくら欲しいとかそれぞれに条件があるでしょう。

このような細かい条件を付けていくと、やはり再就職先は少なくなるので、求人の探し方が重要になってきます。

 

■保育士の職場の探し方

では、どのように再就職先を見つけるのが良いのでしょう。

転職サイト、保育士求人サイト、ハローワーク、求人誌、知人の紹介などすべてを活用することがポイントとなってきます。

いろいろな所から情報を集めることにより、求人の比較ができ、保育士以外のいろいろな仕事も視野に入れることができるからです。

今と同様、保育士として再就職したいと考えているなら、まずは保育士専門の求人サイトを利用しましょう。

専門で扱っているサイトの方が求人は良質です。

それと並行してハローワークなども利用すれば、良い職場を見つけることができるでしょう。

 

保育士の資格があれば、すぐに再就職先も見つけられるでしょうが、妥協しないことが大切です。

ですが、こだわり過ぎるとかえって良くない場合もあるので、臨機応変に探しましょう。

待遇の良い求人はすぐに決まってしまうので、迷っているうちに採用が決まってしまう可能性が高いです。

具体的に働きたい時間や給与面が決まっているなら、求人サイトに紹介してもらったらすぐに面接に臨みましょう。

退職をマイナスに考えるのではなく、再就職をプラスに考え、頑張りましょう。

そのためにも新しい職場は早く決め、事前にいろいろリサーチすることが大切です。