2017年02月07日

保育士はサービス残業が多い!労働時間の実態

◆保育士はサービス残業が多い!労働時間の実態



3K(きつい 汚い 給料安い)の代表格として扱われてしまう保育士の仕事。

しかし、よく考えてみれば、労働時間が長くて「きつい」なら、法律に定められた残業手当がついて「給料が安い」とはならないはずです。どうして「きつい」のに「給料が安い」のでしょうか。

今回はこの矛盾を成立させてしまう「サービス残業」「持ち帰り残業」について考えてみたいと思います。


◆保育士の労働時間



保育士の労働時間は、私立保育園ですと独自の勤務体系が組まれていたりもするのですが、平日の勤務は基本として、「早番」「中番」「遅番」の3つのシフト形態になります。



◯早番

早番は、朝早くから預かることになる園児を受け入れるためのシフトです。

早い保育園では、朝6時や7時頃から受け入れが始まります。

そうなると保育士は、開園の10~20分程度前に出勤し、受け入れの準備をしなければなりません。

朝早い分損をしているような気がするかもしれませんが、その分当然退勤時間も早く、16時頃には仕事を終えることができます。

休憩時間が1時間程度取れますので、実際の労働時間は8時間程度といったところでしょうか。

◯中番

中番は8時~8時30頃の出勤です。退勤は17時~17時30頃で、実質労働時間は8時間。

一般的な会社員の労働時間と、だいたい同じ労働時間になるのがこのシフトですね。

会社員として働く保護者が子どもを預かに来るのも8時~8時半が一番多くなりますから、当然シフトの中心となります。

中番の保育士が一番多くなりますね。

出勤後は朝礼等を行い、各クラスへと移動して業務をこなします。

◯遅番

遅番は9時頃の出勤となります。朝少しだけのんびりできる勤務ですので、朝起きるのが辛い人にとっては少し楽ができるかもしれませんね。

ただし朝のんびりできる反面、夜は園児のお迎えに保護者がくるまで待っていなければならない場合が多いです。

元々「延長保育は18時まで」と決まっている保育園もあれば、夜間保育をしている保育園もあります。

夜間保育があれば、19時20時までのシフトが組まれていることもザラですし、そうでなくても、保護者の都合でいつまでも子どもを預かっていなければいけない...なんてこともありえます。

遅番の場合、いつも以上に帰宅が遅くなってしまうことも覚悟しなければなりません。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

◆保育士は残業も多い!サービス残業の実態



保育士の労働時間は変則的ではありますが、特別長時間労働というわけではなさそうです。それにも関わらずなぜ保育士の仕事は他の仕事に比べて「きつい」と言われてしまうのでしょうか。その理由の一つにサービス残業の存在が挙げられます。



◯保育士の平均残業時間が一ヶ月で4時間!?

厚生労働省の調査によると、保育士の残業時間はなんと【一ヶ月で4時間】とのこと。

単純計算で週に1時間、1日12分となります。

「残業が多い」と不満をもらす人が多い保育士の残業時間としては、

にわかに信じがたい調査結果となっています。

どうしてこういう調査結果になってしまったかと言うと、保育士が行う残業の多くがサービス残業になっているため、という現状のせいです。

厚生労働省の調査結果は、実際に支給されている残業代から計算されています。

つまり、実際はもっと働いているのに手当がついていないサービス残業が多いという問題がここで持ち上がるわけです。

◯保育士の労働時間

保育士の勤務は、基本的に朝8時30分~夕方5時ぐらいとなっています。

労働時間としては、休憩の一時間を挟むとして、8時間程度が基本でしょうか。

子どもたち全員が保護者にお迎えに来てもらって、ようやく勤務終了となります。

しかしながら、保育士の仕事は子どもたちが帰ってからもたくさんあります。

そして問題なのは、こういった作業をする時間は「勤務時間外」とみなされてしまうことです。

保育士業界は未だに「子どもを預かる時間=保育士の勤務時間」という風習が根強く残っており、こういった事務処理の時間などは「子どもがいない時間=勤務時間外」とみなされてしまい、サービス残業とみなされてしまうのです。


◆保育士の持ち帰り業務の辛さ



保育士の仕事は「子どもを預かる時間=保育士の勤務時間」と捉えられ、実際の労働時間とお給料の支払われる勤務時間の間に格差があることを指摘してきました。しかし、保育士の仕事の大変さはそれだけではありません。保育園の外でも保育士は仕事しているのです。その代表格が「持ち帰り業務」です。

◯持ち帰り業務にかける時間は...?

保育士は、日々どれぐらい残業をして、どれぐらい持ち帰り業務があるのでしょうか?

本来、持ち帰り業務は「0時間」でなければいけません。

どんなに仕事が多くても、残業時間内で終えなければならないものなのですが、どうしても

業務時間内:子どもの世話

残業時間(サービス残業):事務仕事

というような割り振りになってしまい、残業時間で終わらない業務はどうしても家に持ち帰らなければならなくなります...。

◯事務作業

持ち帰り業務の第1は事務作業です。

(1)保育計画書

月案、週案、日案などがあり、月案とは月に行う具体的な行為に落とし込んだ指導案計画、週案は週の行為計画、日案は1日の行為計画です。

(2)園だより・クラスだよりの作成

保護者への連絡事項、翌月の行事予定などを周知するためのおたよりです。

(3)保育経過記録

子ども個人についての記録表です。特に乳幼児保育の場合、記入事項は細かくなりますので、より大変になります。

◯イベント準備

持ち帰り業務の第2はイベント準備です。

(1)必要な衣装、小道具の作成

お遊戯会などで一番大変なのがこれ。衣装は保護者にお願いすることもあるようですが、小道具は基本保育士の手作りです。

(2)計画書やタイムスケジュールの作成

イベント準備と言うと、こういった事務作業も発生してきます。イベント成功の鍵を握る大事な作業です。


◆「やりがい」を搾取しない仕組みを!



保育士の仕事を目指す若者はみな、「子どもの健やかな成長に貢献したい」「女性の社会進出に貢献したい」など、高い志をもって保育士の仕事に入職します。どんなに仕事がきつくても「やりがい」や「魅力」を見出し、すり減った心身に鞭打ってお仕事をしています。それにも関わらず対価が支払われないのは正当なこととは到底言えません。保育業界が一日も早く、若手保育士のやりがいを搾り取るのをやめ、正当な対価を支払うことが望まれます。

特集コラム一覧

  • カリスマ保育士・てぃ先生の園長見習い中
  • LET'S PLAY!世界の保育とゲーム
  • 保育がもっと楽しくなるコラム
  • 明日から使える!あそびコーディネートのコツ
  • 保育のあるある!ゆるり〜ホッと〜相談室
  • 保育士おとーちゃんの・保育の力って何だろう?

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート