2017年04月18日

【園内集団感染に注意!】子どものノロウイルス


今年もノロウイルスが流行っています。
昨年11月には千葉県船橋市内保育園で、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団感染が起こり、園児・職員合わせて32人の感染となりました。
また、一番新しい発表では昨日6日に福岡県福岡市の高齢者施設で入所者・職員23名の感染者が出ています。




【園内集団感染に注意!】子どものノロウイルス



秋の終わりから春先にかけて流行り、重症化の心配はありませんが強烈な吐き気や下痢を伴う症状が特徴で心身共に負担が掛かる病気です。
今回はノロウイルスについてご紹介します。



◆感染~回復までは短期間



◯ウイルス耐性が強力

ノロウイルス感染症は「ウイルス性食中毒の代表」と呼ばれる感染症の1つです。
厚生労働省では感染者が毎年増加傾向にある、と危険性を示唆しています。

塩素や熱にはかなりの耐性があり、60度程では10分異常加熱してもウイルスは死滅しません。



◯感染源は主に二枚貝

生牡蠣など加熱が不十分なまま食すことで、ウイルスが侵入し十二指腸・小腸の細胞に取り付き体内で増殖します。

嘔吐や下痢・発熱を発症しますが、2・3日経つと次第に感染力が弱くなっていきます。



◯感染期間は約一週間

潜伏期...2日以内

発症...2~3日

回復期...2~3日

※この間は感染の危険があるので、完全に回復するまで自宅療養しましょう



★二次感染の恐怖

この病気で一番怖いのが、二次感染。

ノロウイルスは全て口から感染します。

吐しゃ物や糞便から空気中を漂うウイルスを吸い込む「飛沫感染」、処理した際の「接触感染」、空間に残った埃などを吸い込む「塵埃(じんあい)感染」で発病します。



★初期症状

まず微熱が出て、次第に「吐き気や嘔吐」・「腹痛」・「下痢」を発症します。

基本的に食中毒の症状と同じです!



★乳幼児の特徴

・顔色が悪く、目がうつろ

・チクチクとした腹痛

・水っぽい下痢をする(特に新生児の場合)

・37度~38度の熱が出る

・急に嘔吐が続く

・嘔吐と下痢でぐったりしている



◆特効薬は無し!絶対安静!子どもは脱水症状の併発に注意



◯脱水症状には注意

実はノロウイルスには、抗ウイルス剤が現時点では存在しません。

予防接種も出来ないのです!
そのため、発症したらすぐ病院・・ではなく、自宅療養で問題ありません。

症状が落ち着くまで温かくして安静に過ごし、自然治癒の回復を促すことが大切です。

特に子どもの場合は食欲が落ちて、下痢や嘔吐の連続で水分不足になってしまいます。

少しずつで良いので薄めたスポーツ飲料・湯さまし・お茶・経口補水液といった物を与えましょう。

小児科医がすすめる目安は「4時間で体重(1㎏単位)×50mlを飲ませる(例:15㎏なら750ml)」です。

万が一消耗が激しく水分を全く取れない状態が続く場合は、病院を受診し点滴による水分補給をします。



◆予防方法



◯とにかく手洗いをしっかりと

全ての予防における基本中の基本ですが、やはり一番有効なのは「手洗い」!
ノロウイルスを防ぐには幾つかポイントがあります。



★手洗いは30秒以上かけてじっくりと!2度洗いも効果的

調理の前・食事の前・トイレの後など、手袋をしていた際も30秒は時間を掛けて手首から指の先までしっかりと洗います。
その際指輪などは外し、爪はいつも短く切っておきましょう。

温水で十分にすすいだら、清潔なタオルかペーパータオルで乾燥させましょう。
固形石鹸ではウイルスが死滅しにくいとされています。
石鹸自体にウイルスが付着している可能性もあるため、出来れば液体石鹸がおすすめです。
2度洗いも出来るとかなり効果的です。また、洗い残しには要注意です!



◯加熱・消毒を心がける

・加熱で徹底予防!

ノロウイルスは85度以上で1分以上を目安に加熱することで活動を止められます。
カキフライなどは中心が85度に届かないケースもあるので、85度~90度で90秒は時間を掛けると良いでしょう。
調理器具を熱湯消毒することも殺菌効果があります。

また配膳など食品に触れる際は使い捨て手袋を多用し、素手で触らないようにしましょう。



・「塩素消毒」も弱点

次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて作る塩素消毒液もノロウイルスの活動を抑えることが出来ます。
消毒用エタノール・逆性石鹸はノロウイルスには効き目が弱いので注意しましょう!消毒液を作る際の濃度は、以下の表を参考にします。



出展:厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」より転載



調理器具など洗剤で洗った後に、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すように拭くことでウイルスの活動を止めることが出来ます。

こちらは家庭用の「塩素系漂白剤」も代用品として有効です!
キッチン・衣類用どちらもOKですが、ご利用の際は使用上の注意を確認しましょう。
また次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食作用があるため、金属に使用した際は除菌後拭き取ります。



◆もし感染者が出た場合は



◯処理方法

万が一園内で感染者が出てしまったら、二次感染の防止を徹底させましょう。

慌てずに落ち着いて、細かなところまで処理・消毒を行います。

嘔吐物、おむつなどは以下の方法で速やかに処理します。
ノロウイルスは乾燥すると空気中に漂ってしまいます。

・使い捨てのマスク、ガウン、手袋を着用します。

・ペーパータオル等で静かに拭き取っていき、塩素消毒を行い水拭きします。
飛沫など吸い込まないように作業しましょう。

・拭き取った嘔吐物、手袋といった使用した物は全てビニール袋に密閉させて破棄します。

可能であればビニール袋の中は1000ppmの塩素消毒液に浸します。

・作業が終わったら丁寧に2度の手洗い・消毒をします。



◯消毒方法

・食器

感染者が使用した物、嘔吐物が付いた物、可能性のある物は他の物と分けて洗浄と消毒をします。

食後の食器はまず調理場に戻す前に、先程挙げた「塩素消毒液」に十分浸して消毒します。



・衣類、室内

衣料品やカーテン、手すり、ドアノブ、トイレの便座なども塩素消毒液などで消毒します。

集団発生後のふきとり検査で特にウイルスが多かったのが「トイレの便座」!除菌を徹底しましょう!
トイレはペーパーホルダー、便座のフタ、水を流すレバー、和式なら床も消毒を行うと良いでしょう。



※「次亜塩素酸ナトリウム」には金属腐食性があります!ドアノブなどの金属部分は、消毒後薬剤を十分拭き取っておきましょう。

洗濯する際は洗剤が入った水の中で静かにもみ洗いし、しっかりすすぎます。

加熱調理と同様に85度で1分以上の熱水洗濯や、塩素消毒液による消毒が有効です。
高温の乾燥機の使用も殺菌効果を高めます!



◆ノロウイルスの感染力の強さを知っておこう



いかがでしたか?ノロウイルスの怖さを分かって頂けたでしょうか。

ノロウイルスは感染力が強いため、正しい方法で処理をしないと二次感染を招きます。
集団生活をしている保育園では予防、対策をしっかりし、処理方法も正確に行いましょう。

また、乳児は特に重症化しやすいため、ノロウイルスの感染から守ってあげなければなりません。
流行り始める前に、予防、処理方法を再確認しましょう。

また、保育士を目指すみなさんも正しい知識を知っておきましょう。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • みどりご保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 太郎保育園

    • 保育士
    • 正社員、契約社員、パート
    • サプルグリーンキッズ

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 社会福祉法人旭川荘ゆずりは保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 香川県済生会病院院内保育室

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 徳山中央病院ひまわり保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート