2017年05月24日

みんなどのくらいもらってるの?保育士のお給料事情


保育士不足が連日のようにテレビや新聞で取り上げられていますが、その原因は、精神的にも体力的にも負担が小さくない業務内容と、それに見合わないお給料の安さだと言われています。




みんなどのくらいもらってるの?保育士のお給料事情


実際問題、保育士はどのくらいお給料をもらっているものなのでしょうか?
今回のコラムでは、保育士のお給料の実態についてご紹介致します!



保育士の初任給



保育士の初任給は、一般的に16万円~17万円ほど。
正社員として勤務する場合、年金や保険として2万円~3万円がお給料から差し引かれますから、手取りで言えば13万円~15万円程度でしょうか。

学歴や所属自治体などにより、この金額はもっと低いことも当然ながらよくあります。

初任給の手取りが10万円いくかいかないかしかもらえない保育園もありますから、そういった保育園に勤務する保育士の生活は、かなり厳しいと言えるでしょう。



保育士の平均年収



さて、それでは保育士全体の平均年収の話にうつります。

平成27年度の調査の結果、保育士の平均年収は323万円(平均年齢35歳)ということが分かっています。

また、男性保育士の平均年収は346万円、女性の平均年収は322万円だそうです。

月収は22万円、ボーナスは60万円、時給換算するならば1,251円が平均となります。

男性の年収は年齢と共に少しずつ上昇する傾向にありますが、どの世代においても500万円を超えることはないようです。
このあたりが、男性保育士の離職率を上げている原因の一つであることは間違いないでしょう。

ここ10年ほど保育士の平均年収は300万円台前半あたりを安定的に推移していることも分かっていますので、時代に左右されない安定した職業という側面もあります。



保育士の昇給



まず前提として、保育士のお給料は、勤務先が公立保育園か私立保育園かでかなり違ってきます。

公立の保育園で正社員保育士として働く場合、その保育士は「地方公務員」の扱いになりますから、その地方自治体の給与規程にしたがった給与が支払われるので、全体的に公務員保育士の方が給料は高い傾向にあります。

そして昇給に関しても、公務員保育士の場合は勤続年数にしたがって昇給していきますので、私立保育園に勤めている保育士よりも昇給率は高めになっていることがほとんどです。

勤続年数を重ねるごとに公立と私立の年収の差は開いていく傾向にあり、そうなると当然ながら、離職率も公立保育園の方がぐっと下になります。



保育士の年収が上がらない要因



保育士の平均年収323万円(平均年齢35歳)という金額は、一般的な35歳会社員の平均年収が400万円を超えることから考えて、かなり少ないと言えます。

これで保育士が、世間的に需要の低い職業なら、年収が低いのもまだ分かるのですが、ご存知のとおり、共働き世帯が増えた昨今の社会では「待機児童」が大きな社会問題になるほど保育士の需要が高まっています。

需要は高いのに保育士の年収が上がらない要因としては、保育園の制度が挙げられるでしょう。

保育園を運営していくには、子どもを預ける保護者からの保育料が必要になります。

ですが、保育園は「サービス業」に近いため、この保育料を無理に引き上げることは現実的ではありません。
もしそうしてしまうと、子育て家庭全体の生活が苦しくなってしまうからです。

保育料金を上げることが無理ならば、国からの補助金を増やしたらどうなのか?と考えますと、保育士の年収を一律に上げるほどの補助金の財源をどこから調達するのかという話になってしまい、なかなか話が進みません。

保育士の年収が改善しない限り、保育士不足解消もなかなか進まないと考えられますが、まだまだ道のりは遠そうです。



給料以外にもらえる手当はある?



手当をもらうことができるかは、勤務する保育園次第です。

もし、別の保育園に転職しようと考えているならば、こういった手当がもらえるのか確認してから応募するか、面接の場などできちんと聞いてみましょう。



〇保育士資格手当

保育士資格手当とは、保育士資格を持っている人に対して支払われる手当のことです。

そもそも保育士資格は国家資格なので、取得するのは容易ではなく、そのため有資格者であることはそれだけ厳しい勉強や訓練をくぐり抜けてきたことを指します。

そして、国家資格に値する働きができることを指します。

そう考えると、資格手当がもらえるのは妥当な気がしてきませんか?
しかしながら、この資格手当は、すべての保育園で支給されているものではありません。

転職の際には、先に募集要項などで資格手当の有無を確認しておいた方がいいでしょう。



〇特殊業務手当

特殊業務手当とは、行事などに対する手当のことを言います。

資格手当と同じくらい、保育士らしい手当とも言るでしょう。

保育士の場合、お遊戯会や運動会などの行事の準備は、忙しい通常業務と平行しておこなうため、かなりの負担を強いられます。

そういった行事に対する対価がこの手当です。

ただしこちらの手当も保育園によって、支給されるか否かはまちまちなので、きちんと確認しておきましょう。



〇賞与

景気の変動などに左右される一般企業と違い、保育園の場合は決められた月謝があるため、収入が比較的安定しています。

そのため、保育士に賞与を出す保育園は多めです。

公立保育園の場合、基準給与の4カ月分もらえることが多いようです。

私立保育園ですとそれよりは少なめ、認可外保育園ですと出ないところが多くなります。



〇役職手当

主任保育士になると、役職手当がつく保育園がほとんどでしょう。

その他、園長などの管理職も役職手当がつきます。

手当がもらえる以上、その役職の責任はとても重いものです。



〇通勤手当

勤務先の保育園までの電車代、バス代なども、手当として支給されるのが一般的です。

ただし園によっては「2万円まで」のように上限が定められていることもありますので、注意が必要です。



〇住宅手当

実家を出て保育士をしている場合など、家賃を補助してくれることもあります。

こちらも「上限3万円まで」のように、上限額が定められていることが一般的です。

また、厳密には手当とは異なりますが、職場に近い社宅を用意してくれることもありますね。
そういった社宅ですと、家賃は一気に安く済ませることができます。



保育士のお給料の実態についてはいかがでしたか?



保育士は国家資格なので、取得にはかなりの労力と時間が必要になります。

苦労しなければなれない職業であるにもかかわらず、保育士は年収がとても低いことで有名です。

最近では「保育士のお給料を上げよう!」と国でも自治体でも様々な動きがあるのですが、すぐさま保育士の年収アップに繋がるとは言えないものばかりです。

保育園や保育士不足を要因とする待機児童問題がメディアで連日のように取り沙汰される中、保育士のなり手は劇的に増えてはいません。

このままの給与水準ですと、はっきり言って保育士不足はどんどん加速していきそうですから、早めに給与改善の政策を国にうって欲しいものですね。


特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート