2017年07月18日

楽しい『室内遊び』で、梅雨を乗り切ろう


まだまだ梅雨の時期が続いていますね。雨で外遊びができず、子どもたちが室内で過ごす機会が増えていませんか?




楽しい『室内遊び』で、梅雨を乗り切ろう



そこで今回は、雨の日に役立つ「室内遊び」の特集をお届けします。




新聞紙は万能アイテム





室内遊びが続くときに役立つのが、「新聞紙」です!

新聞紙を使えば、室内でも適度に体を動かしながら遊ぶことができますよ。



・新聞紙ボール
丸めた新聞紙をボール代わりにして、キャッチボールします。

本物のボールとは異なり、当たっても衝撃が少ないので、室内でも安全!

保育室の面積などの問題で、キャッチボールが難しい場合は、コロコロと転がすだけでも楽しいですよ。




・グチャグチャに丸める
たったこれだけのことですが、「どれだけ小さく丸められるか?」というゲームにしてしまうのがポイント。

新聞紙を小さくするときに、意外と全身の力を使うので、室内でも体を使って楽しめる遊びになります。

溜まった古新聞の片づけにもなりますよ。





・ビリビリに新聞紙を破いて、雨のように降らせる
新聞紙をビリビリ破いて、新聞紙の雨を降らせてみましょう!

それだけでも、外で遊べないストレスの発散になります。

たくさん作って、「ハムスターの寝床」のようにすると、いつもの保育室に新しい遊び場ができて、盛り上がること間違いなし。

欠点としては、かなり散らかりやすい遊びだということ。
そのため、遊びの最後には必ず「お片付け」の時間を設けておくのがオススメです。

「最後は『お掃除ゲーム』」などと称して、子どもたちがゲーム感覚で取り組めるようにするとスムーズです。





古新聞紙なら、お金をかけずに量を確保しやすいかと思いますので、ぜひ、梅雨の時期の遊びとして、活用してみて下さいね。



雨の日にオススメの遊び


その他、雨が続く時期に室内でできる、おすすめの遊びをご紹介します。




〇ペットボトルボウリング


ペットボトルに、ほんの少し水を入れて並べ、ボールを転がして倒します。

ピンの並べ方でも、様々なアレンジができるので、飽きずに遊べますよ。




〇ペットボトル太鼓


1.5リットルのペットボトルを太鼓、500ミリリットルのペットボトルをバチにして、太鼓を叩いて遊びます。結構、いい音がしますよ!

太鼓に合わせて歌ったり踊ったりしてもいいですね。リズム感も身に付きます。




〇手作り小麦粉粘土遊び


普通の粘土を使うのではなく、粘土を自分で作るところから始めます。

作り方はカンタン!小麦粉に、粘土としてちょうどよい硬さになるまで少しずつお水を加えながら、手で混ぜていきます。

その際、好きな色の「絵具」を混ぜると、カラフルなオリジナル粘土の出来上がり!



小麦粉を混ぜるときに手の力を使い、好きな色や硬さに調整するときに頭も使うので、想像力の発達にも効果的な遊びです。







雨の日も楽しく遊びましょう


梅雨の時期は、どうしてもお散歩や外遊びなどの回数が減ってしまいがち。

ひと工夫した室内遊びで、子どもたちのストレスを発散してあげてくださいね!

特集コラム一覧

  • カリスマ保育士・てぃ先生の園長見習い中
  • LET'S PLAY!世界の保育とゲーム
  • 保育がもっと楽しくなるコラム
  • 明日から使える!あそびコーディネートのコツ
  • 保育のあるある!ゆるり〜ホッと〜相談室
  • 保育士おとーちゃんの・保育の力って何だろう?

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート