2016年04月07日

潜在待機児童とは

「待機児童」という言葉は当然耳にしたことがあると思います。


入園の申請をしているのに、申請者が多いために保育園に入園できない児童のことを、待機児童といいますね。



では、「潜在待機児童」という言葉はご存じでしょうか?



「隠れ待機児童」と言われることもあるのですが、意味は共に同じです。



今回は、潜在待機児童について、ご紹介いたします。



待機児童とは何か?


潜在待機児童とは、簡単に言いますと


保育園に入園できていないにもかかわらず待機児童の定義から外れているせいで、


待機児童数にはカウントされていない子どもたち、といったところでしょうか?



具体的な例は、こんな感じです。


・保護者が下の子のための育児休業中のため、入園要件を満たせずに待機している児童


・第一希望の保育園に入園するために、他に入園可能な保育園があるにもかかわらず待機している児童


・保育園に入れなかったことを理由に、母親が育児休暇を延長して待機している児童


 (家庭で保育ができると判断されてしまい、待機児童には含まれないことが多い)


・認可保育園に入れなかったために、無認可保育園に預けられている児童


・幼稚園などの一時預かりを利用している児童



待機児童と潜在待機児童の数


「待機児童が減らない」「待機児童問題を解決しよう」と言われて久しいですが、


そもそも待機児童は全国でどれぐらいいるのでしょうか。



2015年の発表では、待機児童数は全国で23,167人。


その前年までは減少傾向にあったのですが、4年ぶりに増加してしまっています。



それでは、潜在的な待機児童はどれぐらいいるのでしょう。



潜在待機児童については、はっきりとした数はわかりません。


50万人とも80万人とも100万人とも言われていますが、


現状判明している待機児童数と比較して、何十倍もの数だということだけはわかっています。



潜在待機児童の数を正確に調べられない原因としては、


自治体によって定義が異なることがあげられます。



育児休業を延長した場合を"待機児童"としてカウントしていない自治体もありますし、


認可保育園の入園申請をしていたのに通らず、無認可保育園に入園した児童を"待機児童"としてカウントしていない自治体だってあるからです。



昨今、「待機児童ゼロの街!」などのように注目を浴びる市町村があったりしますが、


カウントの方法で待機児童を少なく見せている例もあったりしますので、注意が必要ですね。


 


いかがでしたか?


潜在待機児童のことを知ってしまうと、この先の日本での子育てが心配になってきてしまいます...


早く待機児童問題が解消され、働きやすく子どもを育てやすい日本になることを祈るばかりです。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • 【2017・2018年オープニングスタッフ募集】きらきら保育園 17年10月西葛西&日暮里、18年4月西葛西&新浦安

    • 保育士
    • 正社員
    • きらきら保育園オープニング募集!17年10月西葛西&日暮里、18年4月西葛西&新浦安!【東京版】

    • 保育士
    • 正社員
    • きらきら保育園オープニング募集!18年4月西葛西&新浦安!【千葉版】

    • 保育士
    • 正社員
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • こどもカンパニー札幌駅西口園

    • 保育士、看護師、その他
    • 正社員、パート
    • 共育型こども施設にじまある

    • 保育士
    • 正社員、パート