2016年06月06日

<保護者とのトラブルを防ぐ>積極的に褒めよう

新学期が始まり、これから保護者と話す機会も増えてくることでしょう。


コミュニケーションは大切ですが、どんな話をすれば良いか分からないなどと悩んではいませんか?


保護者と話をするきっかけは、まず褒めることです。では、どのようにしたら保護者とうまく話せるようになるのか、一緒に見ていきましょう。



まずは褒めてみよう


保護者会や個人面談、その他イベント事など、保護者と話す機会はこれからたくさんあります。


そんな時、まずは保護者を褒める言葉から話してみましょう。


そうすれば、保護者は自然と笑顔になり、保護者側からいろいろと話し始め、会話も弾むようになります。



「今日は先生にひとこと言っておこう。」と思っていても、「やっぱり今日はやめておこうかしら」などと苦情を遠ざけることさえあるのです。


では、どうしてそうなるのでしょう。人は誰でも、自分を褒めてくれる人には好感を抱くものです。


そして、好感を持った相手には少々の不満点があったとしても目をつぶるようになります。


目をつぶるというよりは、不満点が気にならなくなっていくのです。


自分を褒めてくれる人に対しては、不満点よりも満足点を探すようになります。毎日、少しずつでもそういったやりとりをしていると、自然と「いい関係」が築け、笑顔でたくさん話し合えるようになるでしょう。



何気ないことを褒めよう


まずは、保護者それぞれの褒めるところを探してみましょう。


褒め言葉は「すごい」「きれい」「えらい」「じょうず」だけではありません。日常のこと、当たり前のことでもいいのです。


元気良くあいさつされたら、「お母さん、いつも元気で明るい声ですね」とか、提出物を持ってきたら、「いつも早く出してくださり、助かります」などと声かけしましょう。


本人は別に褒められたくてしているわけではないことを、あえて褒めるのです。


言われた側は、「え、普段どおりなのに」と意外に思い、いつも通りが評価されたことをしみじみ喜べるのです。


本当に感じたことを言っているのですから、決して「お世辞」を言っているとは思われませんよ。


 


保護者に対して、感心するところやいいなと思うところは、口に出してどんどん褒めてあげましょう。


すぐにうまくいかなくても、見つけて褒めてを繰り返していけば、必ず褒め上手になれます。


褒め上手になれば、自然と保護者ともうまくいくことでしょう。頑張ってくださいね。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • 正光寺保育園 29年4月に《浦和園》《南浦和園》を同時に新規開園

    • 保育士、看護師
    • 正社員、パート
    • 《2017年4月オープン☆小規模☆定員19名》ぴっぴのもり保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 放課後等デイサービス バディ西成教室【2017年8月新規オープン!!入社祝い金2万円あり!】

    • 保育士、その他
    • 正社員、契約社員、パート
    • 金蘭会保育園(仮称)

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • いまふくゆうゆう保育園、どいゆうゆう保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 長尾保育所、伊丹乳児院、有岡乳児保育所

    • 保育士
    • 正社員、契約社員