2016年06月12日

保育遊び・触覚を意識させる「ノータッチゲーム」

今回は、物や人にぶつかっても気付かなかったり、体の動かし方がぎこちない子どもなど、


まだまだ触覚の発達が未熟な子ども達に、「自分の体の細部を意識させる」ゲームをご紹介します。



準備するもの


大小さまざまな大きさ、色の輪を数種類


市販の大中小のフラフープや、新聞紙をねじって輪を作りビニールテープを巻き付けたものなど、大小さまざまな輪を用意しましょう。



進め方・ルール


用意した輪を大人が持ち、その輪に体のいろいろな部分をノータッチで通すことが出来たらオッケーというゲームです。


触れたかどうかを判定するのは大人にしてください。



触れたのに触れてないと主張する子どももいるでしょう。


触覚が未熟なためにかすかな接触が感じられないのかもしれません。


また、勝負と思い、負けたくないがために触ったことが分かっていても認めたくない子もいると思います。


子どもの発達段階に合わせ、あまり厳密にせず、「触らないように気をつけること」を目標にしたり、厳密に触らないことを意識させたりするなど工夫しましょう。


通過しやすい輪にするか、ぎりぎりの輪にするかも発達段階に合わせて決めてあげましょう。



応用編


サイコロを二つ用意し、一つには全身、腕、足、頭、右手、右足など体の部位を書き、もう一つのサイコロには大きい赤、小さい青など大小と色を書いておきます。


サイコロは大きなものを用意すると盛り上がりますよ。


二つのサイコロを転がし、出た部位を出た輪に通すようにします。


サイコロではなく、カードにして他の人にひいてもらうという方法もあります。


 


触れてしまったことを、はっきり意識させることが目的の場合は、輪の内側に小麦粉をつけて白くさせたり、新聞紙の真ん中をくり抜いたぺらぺらな輪でやると破れてしまうので、触ってしまったことがはっきり分かります。


ただ、その際はゲームがつまらないものにならないように、大人があえて触ってしまってみせたり、明らかにみんなが触ってしまう難易度の高い輪を用意する(逆にみんなが簡単に成功出来る輪でもいいです)など、楽しい雰囲気で終われるように心がけましょう。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート