2016年08月12日

保育士にピアノは必要か

保育士さんになりたいけれど、ピアノが弾けない、ピアノには自身がないなどと言う理由であきらめてしまう人も多いようです。では、保育士になるには必ずピアノが弾けないといけないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。実際は、ピアノを苦手としている保育士さんは結構いるものです。学校の授業や保育士試験でピアノは必要となりますが、必要とはいっても、難しい曲を弾かなければいけないわけではありません。童謡などの比較的簡単な曲が弾ければ、問題ありません。現在、保育士として働いている人の中にも、養成学校でピアノを初めて触ったという人もいます。そういう人でも現場で立派に保育士として活躍しているのです。


 


af9940087746l.jpg

 


■得意な楽器を使おう


ピアノ以外にも楽器は数多くありますよね。自分が得意または少しでも良いので弾ける楽器を子どもたちの前で披露しましょう。子どもは初めて見る楽器に非常に興味をひかれるものです。その楽器の音色や弾き方など、様々な面でピアノでは味わえないような刺激を子どもに与えることもできるのです。実際にこんな例もあります。幼少時代からフルートを習っていた保育士がクリスマス会の時に、子どもたちの前で演奏したそうです。子どもたちは初めて見るフルートにくぎ付けになり、それ以降、その保育士は子どもたちから憧れの目で見られるようになったそうです。


 


■大切なのは努力すること


ピアノが弾けないなら、簡単な楽譜から練習し、右手だけでもという気持ちで臨みましょう。子どもたちは保育士をよく見ていますので、そんな保育士の努力を受け止めてくれます。うまくピアノが弾けなくても子どもと一緒に大きな声で歌うこともできますよね。子どもたちはピアノが上手く弾けなかったとしても、保育士のがんばりに応えてくれます。


 


af9980036534l.jpg

 


■簡単練習法


楽譜を読むのが苦手という方は、まずはドレミの音階が書かれた楽譜で練習してみましょう。あらかじめルビが付いた楽譜はシャープやフラットが少なくなるよう、キーが調整されているものも多いので、演奏の負担を軽減できますよ。ルビ付きの楽譜がたくさん載った本もたくさん出ています。何冊も買うのは大変という方は、1曲から購入可能なコンビニなどでプリントできる楽譜ダウンロードサービスもあります。
練習の時のワンポイントとしては、いきなり通して弾こうとしないことです。まずは片手ずつ、1~2小節を練習しましょう。また、繰り返し練習することが大切です。短時間でも毎日練習し続けることで、指の動きを覚え、上達していくのです。


 


仕事ということで、義務感からの練習が多いと思いますが、弾きたい曲を見つけるなど、楽しみながら練習しましょう。モチベーションの維持も大切です。義務感からでは物事は長続きしないので、是非楽しみや目標を作り、練習に励んでください。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート