2016年11月17日

保育士さんにオススメの副業・アルバイトのお仕事

J100.jpg


「大好きな子どものそばに居て、常に面倒を見ていられるこの仕事が大好き!」


というのは保育士の本音。ですが、


「お給料が安くて生活が辛い...」


というのも、保育士の本音。


 


中には副業でもしてお金を稼がないと、とても生活していけない...なんて保育士さんもいたりします。


 


というわけで今回のコラムでは、保育士さんの副業ついてご紹介!


副業をするか否かの選択も含め、参考にしていただけますと幸いです。


 



■まずは副業が禁止されていないかチェック!



 副業が禁止されている職場の場合、万一副業していることが判明したら、最悪の場合退職に追い込まれます。


まずは職場の就業規則をしっかり確認しましょう。


ちなみに公立保育園に勤めている保育士の場合は公務員扱いとなるため、副業はどこの保育園でも絶対に禁止です。


 


また、副業する際には、なるべくその保育園の同僚保育士や、保護者と接点のない場所を選ぶ方が無難です。


副業してる最中に同僚保育士と出くわしたりすると、何かと気を使ったり、気を使われたりするでしょうし、


保護者と遭遇してしまった場合、「副業しているような保育士のもとに預けたくない!」と拒否反応を示される可能性もあります。


 


保護者の反応はやや過剰とも言えるのですが、「副業によって集中力が落ちている保育士が、きちんと子どもの面倒を見られるのか」と考える保護者もいますので、保育園関係者と会わないで済む職場で副業をするのが最善でしょう。


 



■具体的な副業の内容は?



 ではここからは、保育士の副業の具体的な内容について、選ぶ人が多い順に見ていきましょう。


 


・飲食店などでの接客業務


副業として、コンビニや居酒屋などの接客を選ぶ人は多いです。


特に居酒屋やファミレスなどは深夜までやっているところが多いため、シフトにたくさん入り、稼ぐことができます。


ただし体力的にキツく、体調を崩してしまう傾向にあるのもこの副業です。


体力に自信がある方以外は、避けた方がいいかもしれませんね。


その他、勤め先からどんなに離れていたとしても、保育園の関係者に遭遇してしまう怖さがあります。


 


・本業意外の保育関連業務


他の保育施設の夜間保育のアルバイトなどがあげられますね。


保育士の本業で慣れていますから、仕事の飲み込みも早く、やりがいもあるでしょう。


ただし、保護者の都合によってシフトが長引いてしまうことも多々あります。


その場合は睡眠時間が確保できなくなる危険性もありますので、仕事量の調整はきちんとしましょう。


 


・塾の先生


他の副業よりも、時給が高めなのがこの副業ですね。


保育園の子ども達とはまた違った年齢層の子ども達への指導なので、学ぶことも多いでしょう。


反面、教え子の成績をあげなければいけないという、別のプレッシャーが生じますので、


精神的に疲れてしまう人も多いです。


 



■保育士のバイト事情:バイト内容は?



それでは次に、 保育士が副業としてアルバイトをする場合、どんなお仕事を選ぶものなのでしょうか?


 


大々的な調査がおこなわれたわけではありませんが、副業として最も一般的なのは、飲食店でのバイトのようです。


お仕事が終わった後の夜間・深夜帯や、お休みの日にシフトに入れるからでしょう。


 


他には、別の保育施設の夜間勤務や塾の先生など、バイトとしても、子どもと関わる業務を選んでいる方も多いそうです。


 


その他、時間を選ばないで済むという点から、ネットビジネスなどに関わっている方もいるそうです。


 



■保育士のバイト事情:大変なことは?



 保育士としての業務を終えてから、また別の業務につくので、当然ながら「体力的にキツい」という声をあげる方が多いそうです。


深夜帯でバイトをしている人の場合、睡眠時間が足りないのもまた辛いのだそう。


休日にバイトを入れている保育士ならば、プライベートの時間を大幅にカットすることになりますから、なかなかストレスが解消できないことになります。


そして、そういった副業を職場に隠すことが大変だという悩みを抱えている人もいます。


 



■保育士のバイトの注意点:就業規則をチェック!



 そもそも職場によっては、就業規則によって副業NGとされているところもあり、バレた場合は失業の可能性すらあります。


公立保育園勤務の保育士ならば、公務員のためもちろん副業禁止です!


 


では就業規則で禁止されていなければ、なにも気にせずにバイトができるのかというと、それもちょっと違います。


副業での収入が年間20万円を超える場合、確定申告が必要となり、市役所や区役所など自分の住んでいる自治体で手続きが必要となります。


この手続きをとらないと、ペナルティが課されてしまうので十分注意しましょう。


 



■副業やアルバイトではなく転職を選ぶのもあり!



 


もっとお金がほしいから副業をする、という選択肢をここまでご紹介いたしましたが、


お給料があがるように転職をする!という選択肢もありなのではないかと思います。


 


どうしたって、副業は精神的にも体力的にもよくありません。


プライベートの時間も大幅に削ることになります。


今の職場よりも良い条件の保育園に転職というのは、なかなか難しいことだとは思いますが、本業である保育士の仕事に、副業のせいで悪影響が出てきてしまうようならば、副業に必死になるのではなく、転職活動に必死になるべきでしょう。


自分のお給料事情、体力、精神状態をよく考えて、副業や転職活動を頑張ってみて欲しいと思います。

特集コラム一覧

  • カリスマ保育士・てぃ先生の園長見習い中
  • LET'S PLAY!世界の保育とゲーム
  • 保育がもっと楽しくなるコラム
  • 明日から使える!あそびコーディネートのコツ
  • 保育のあるある!ゆるり〜ホッと〜相談室
  • 保育士おとーちゃんの・保育の力って何だろう?

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート