2017年01月30日

保育士の資格を活かせる!再就職先・副業とは?

◆保育士の資格を生かして再就職したい!副業も!



今の職場に納得がいかず、再就職を考えているなんてことはありませんか。

でも、実際、今の職場を辞めるにしても、保育士はすぐに新しい仕事や職場が見つけられるのでしょうか。

そこでここでは、保育士の資格を生かした再就職先を特集。

また、保育士の資格を生かした副業の実態にも迫ります!


◆前職を生かしてより条件の良い保育園や幼稚園に再就職したい!


今の職場を辞めようと考えたとき不安になるのは「再就職先があるか」ということでしょう。結論から言えば「あります」。ただし、それは条件をつけなければという話。そこでここでは、前職を生かしてより条件の良い保育園や幼稚園に再就職したいという方のために、再就職探しのポイントや探し方をおさえておきたいと思います。



〇保育士の再就職のポイント

転職を決断したら早めに動きましょう。自分の条件に合う再就職先を見つけるのは意外に時間のかかるものです。まずは、自分が再就職先に求める条件を整理しましょう。また、前の職場を辞めたい理由を洗い出し、その悩みを解決出来る再就職先を探しましょう。

〇再就職先の探し方

転職サイト、保育士求人サイト、ハローワーク、求人誌、知人の紹介などすべてを活用することがポイントとなってきます。いろいろな所から情報を集めることにより、求人の比較ができ、保育士以外のいろいろな仕事も視野に入れることができるからです。今と同様、保育士として再就職したいと考えているなら、まずは保育士専門の求人サイトを利用しましょう。専門で扱っているサイトの方が求人は良質です。


◆保育士の再就職先は保育園や幼稚園だけではない!


保育士の資格を活かすには、保育園をはじめとした児童保育施設が中心ですが、近年、注目されている民間企業による育児サービスもあります。また、保育士としてのスキルを活かして他の職種への転職も可能です。自分にとってより合った仕事は何なのかを考えて、活躍の場を広げましょう。



〇保育士の資格が役立つ就職先施設

保育士の資格によって得られる勤務場所は様々で、どこでも経験豊富な保育士が求められています。保育士の資格が役立つ就職先施設は以下のように14種類もあります。

・保育所

・知的障害児通園施設

・盲ろうあ児施設

・肢体不自由児施設

・重症心身障害児施設

・情緒障害児短期治療施設

・児童自立支援施設

・児童厚生施設

・母子生活支援施設

・乳児院

・助産施設

・児童養護施設

・知的障害児施設

・児童家庭支援センター

〇認可外保育士施設や民間企業も選択肢に

現在、民間企業による認可外保育施設が増え、認可外保育施設で働く保育士も年々増えてきています。スキマ時間に働ける施設も多いので、土日のみや、週3回は認可外の施設で働くといった事も可能です。v
また、民間企業への保育士の就職も注目されています。下記に例を挙げておきます。v
・ベビーシッターサービス 

・ベビーホテル

・習いごと・塾などの講師

・学童保育

・雑貨・子ども服などの販売員

・アミューズメント施設職員

職種経験がなくても、保育士として身に着けたスキルをアピールして以下のような職種でも活躍することができるでしょう。


◆注目!保育士の資格を生かす!需要高まる職種とは?


上記で示した以外にも、保育士の資格を生かせる仕事があります。これから紹介する二つは、近年、女性の社会進出に伴い、共働き家庭の増加から、需要が高まっている職種。詳しく紹介します。

〇学童保育指導員

学童保育とは、留守家庭の小学校低学年(~高学年)の子どもたちが放課後安全に過ごせるようにする保育のこと。子どもを預かるのは放課後や長期休暇中のみになります。指導員になるには、保育士の資格が必須ということではありませんが、保育士資格や教員免許の取得者を優遇する傾向にあります。
学童保育指導員の平均給与は、正社員ならば18~22万ほどが相場。パートやアルバイトの場合は時給制が多く、800円~1,000円くらいが相場のようです。

政府が学童保育の利用児童を2017年度末までに129万人を目標としていることからも、今後の学童保育指導員の需要の高さがうかがえます。保育士の就職先候補としても要注目です。

〇保育ママ

「保育ママ」とは保護者が就労のため家庭での保育が困難にも関わらず、保育園に入園出来ない子どもを自宅で保育する家庭福祉員のことです。待機児童0を目指す取組のひとつとして、行政が実施している保育ママ事業とそこで働く保育者を総称して「保育ママ」と呼びます。

保育ママになるためには地方公共団体からの認定を受ける必要があります。認定の基準は各公共団体によって異なります。

自宅で保育を行うことから、子どもが過ごすスペースが確保されているかについても条件があります。

※一般的な必要条件

・自治体内に居住する25歳から60歳くらいまでの成人

・同居親族に就学前の児童がいないこと

・他に就労先はなく保育に専念出来ること

・通風採光の良い6畳以上の保育専用の部屋を用意すること

・ペットを飼っていないこと

など...各自治体によって条件は変わりますので必ずお住まいの自治体に確認してください。

さらに、保育ママの条件として、

・保育ママ1人に対して、預かれる子どもは3人である(※保育ママの他に補助者がいる場合には5人まで預かり可)

・保育料は平均して20,000円~25,000円(※時間外保育=平均約500円/時)

・自治体から補助金がある場合も(※自治体により異なる)

・国民健康保険・国民年金・その他賠償保険等への加入は必須(※費用は自己負担)

・個人事業主となるので確定申告の必要あり


◆保育士の仕事を活かせる副業とは?



お給料の低さや昇給の少なさに嘆く保育士さん。少しでも収入をアップさせるために、仕事が終わった後や休日に副業したい、という方も多のではないでしょうか?ここでは保育士の資格を活かせる副業例や、また副業する場合の注意点などを挙げておきます。



〇そもそも保育士に副業は認められているの?

そもそも保育士の副業・アルバイトは認められているのでしょうか?

まず公立の保育園で勤務する保育士については、公務員の扱いとなるため、原則として副業が禁止されています。私立の場合は、就業規則に就業規則に副業を禁止する項目がなければ、基本的に副業することには問題はないでしょう。

収入については、副業の収入が年間20万円を超える場合には、確定申告が必要となりますので、漏れがないように注意しましょう。

〇保育士に向いている副業とは?

保育士さんが実際にしている副業や、資格を活かせる副業を以下に列挙します。資格が活かせる副業には★マークをつけています。

・飲食店

・レジャー施設

・ベビーシッターなど子どもの預かり(★)

・院内保育(★)

・ピアノ講師(★)

・スイミングのインストラクター(★)

・塾

・ホビースクール(★)

・在宅でネットビジネス

〇保育士の副業で気をつけたいこと

まず、副業でいくら収入が得られるからといっても、本業と両立をしなければ意味がありません。睡眠時間を削って、体力も奪われ、本業に支障が出るほど頑張りすぎてしまったり、プライベートの時間が全く無くなり、ストレスをためてしまったり...ただでさえ大変な保育士の仕事ですが、あくまで本業があっての副業と考えて上手に両立出来るようにしましょう。

そして一番気をつけたいのは、副業を選ぶ際。たとえ就業規則で禁止されていない場合も、保育士としての資質が疑われるような職業、保護者に知られた際に、子どもたちを指導する立場としての自覚が疑問視されてしまうような働き方はやめましょう。


◆保育士の資格&経験は再就職・副業に役立つ!



以上、保育士の資格を活かした再就職先や、副業についてお伝えしました。

いかがでしたか?想像よりも多くの種類の職業があるなと感じた方も多かったのではないでしょうか。それだけ保育士の資格というのは、社会に役立つということですね。保育士であることに誇りを持って、ぜひ資格を活かせる仕事を選んでくださいね。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • 芦屋こばと保育園、芦屋こばとぽっぽ保育園

    • 保育士
    • パート
    • みどりご保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • サプルグリーンキッズ

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 社会福祉法人旭川荘ゆずりは保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 香川県済生会病院院内保育室

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 徳山中央病院ひまわり保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート