2017年02月03日

実はとても大切な睡眠のお話。

20170204_35.jpg


気持ちの良い、さわやかな毎日ですね。今日はよく眠れましたか?

いつも何時に寝て何時に起きていますか?お子さんは?

今回は実は毎日の健康にとっても大切な睡眠のお話です。

どうして大切かというと・・・!



寝る子は育つ!睡眠の大切さ



私達は眠ることで、体と心を休めています。

眠っている間に、夢を見たり、情報の整理、忘れたり、記憶を定着したりしています。

また、筋肉や骨が成長するために必要なホルモンは、夜寝ている間にたくさん分泌されます。

皮膚の新陳代謝も高めるので、傷や日やけ、肌あれもよく寝ると回復が早くなります。



睡眠不足や夜型の生活から、朝起きられない、食欲がない、など生活のリズムが乱れやすくなることをご存じですか?

睡眠不足となると、体内時計が乱れ、全体に感覚が鈍くなり、体の循環も滞りがちになってしまいます。

きちんと眠気がやってきて早々に就寝、朝日とともに起床!が理想的ですよね。大きく強い体をつくるためにも、早寝はとても大切です。



「寝る子は育つ」という言葉はとても有名ですね。

夜しっかり眠れるのは、体がきちんと機能しているあかし。

そしてそれは、しあわせなことでもあります。



20170204_40.png






小さい時の睡眠リズムの重要性。



睡眠は朝日を浴びて起き、日が沈むのと共に寝る!これが理想的ですね。

まずは、体をよく動かしてぐっすり眠りこと。メリハリある生活をすると睡眠の質が高まります。

成長ホルモンが活発に分泌される時間、22時~2時頃までに睡眠をとり、十分に成長ホルモンを分泌できると成長を促進させる効果があります。



そして決まった時間に眠り、決まった時間に起きるという睡眠のリズムをもつこと、小さい時に身につけた習慣、睡眠覚醒リズムはとても大切で、子どもたちの成長に深く関係しています。



おいしい朝食の秘訣。寝る直前には食事をしない!



寝る2時間前には食事をすませましょう。理想は4時間前と言われています。

胃を空っぽにして眠る。⇒お腹がすいて起きる⇒おいしく朝食を食べるという良循環になります。

体内時計が健康な体のリズムを刻み、早寝早起きと規則正しい生活をしていると成長ホルモンやメラトニンがしっかりと分泌されます。



まずは、できることから一つずつ、やってみましょう。

早目にお布団に入り、ぐっすり眠りましょう。

ちびっこなら8時代、大人なら11時代が理想的です。

自然のリズムに沿うことで心も体も快適になります。

夜更かししがちな大人も早寝をこころがけたいですね。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート