2017年02月04日

笑顔の食卓を目指す意味

20170204_35.jpg


みなさまはご飯を毎日誰と食べていますか?


昨日と今日の食卓をちょっと思い出してみて下さい。


1日の始まり、朝ごはんを誰と食べましたか?



朝ごはんを一緒に食べよう。



朝家を出る時間が違ったり、起きる時間が違ったり、 朝はバタバタで、ひとりで食べているちびっ子は実は多いようです。


みなさまのご家庭ではいかがでしょうか?


テーブルを囲んでいても、新聞を読んだり、スマホをしたりしていませんか?それではせっかくの時間がもったいない!


どうしても一緒に食べる時間がないという場合は、「一緒に食べたいと思っていること」を伝え、なるべく努力してみましょう!


そして食べられる日は一緒に食べて、その時間を楽しみたいですね。


それが5分であっても。



食卓の雰囲気はママのゆとりを示していると思うのですが、いかがでしょうか?


15分早く寝て、15分早く起きる、 それだけで案外ゆったりとおいしいたのしい朝食は可能かもしれません。


同じ時間にお腹がすかない、著しく時間が合わない場合は、無理に一緒にご飯を食べなくても、お茶でもかまいません。


横にいて一緒に何かを飲んでいるだけ、ただそれだけでも孤独な食事、孤食ではなくなります。



食卓を囲むこと。



何かを食べながら、一緒に時間を過ごすことは、安心感を育むことができます。


特に小さい子どもにとって食卓は基盤となる大切な場です。


温かい気持ちで楽しく食べたものは体を温める。


「ここちよく食べたか、楽しく食べたか。」


このことはとても重要なことですね。



笑顔の食卓で。



みなさま毎日の食卓の満足度はどのくらいですか?


家族はおいしく、たのしく満足していますか?


楽しさ、安心感、マナ―、自分の居場所、小さな社会など、食卓には深い意味があります。


食卓を囲む家族は最初の仲間であり、小さな社会でもあります。


ただお腹を満たすだけのご飯でなく、色々な事を学びながら、 安心して外へ、社会へ出て行けるための場所、それが「食卓」です。


一人で食べるご飯より、ママやパパと笑いながら食事をすることがどんなに力になっているでしょうか。この日々の積み重ねが将来につながります。


毎日の食卓、日々育んでみて下さいね。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • 芦屋こばと保育園、芦屋こばとぽっぽ保育園

    • 保育士
    • パート
    • みどりご保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • サプルグリーンキッズ

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 社会福祉法人旭川荘ゆずりは保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 香川県済生会病院院内保育室

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 徳山中央病院ひまわり保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート