2017年02月04日

風邪の予防に大切な事は?

20170204_35.jpg



寒い日が続いています。空気が乾燥し、風邪の季節を迎えています。

インフルエンザも加わり、予防することが大切になりますね。


毎日忙しく、外での活動も多い保育士さん。代わりがいないお仕事だからこそ、
風邪をひかない、ひいてもすぐに良くなる!そんな状態を心がけたいですね。



風邪かなと思ったら



風邪かなと思ったら、体をあたため、水分の補給を十分にし、無理をしないで、早めに休むのが一番です。

実に簡単なことなのですが、これが本当に一番大切です。


食事は、胃に負担をかけないように、おかゆ・卵がゆ・煮込みうどん・茶碗蒸しなど温かく消化のよいものにします。(食べたくない時は、無理に食べなくても大丈夫です。)


体をあたため、消化を助ける香辛料を一緒に使って、ねぎの味噌汁、にんにくを入れた野菜のスープなどもいいですね。



風邪の回復に欠かせないビタミン



免疫力を強化する作用があり、風邪予防、風邪の回復に欠かせないビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを意識して摂りましょう。


ビタミンAはウィルスの入口となる鼻や喉の粘膜を丈夫にし、免疫作用を支えています。

かぼちゃ・人参・ほうれん草・レバー・うなぎなどに多く含まれています。

予防におすすめの食材です。


ビタミンCは体の組織作りに欠かせません。

風邪をひいている時や発熱時は、多量に消費されますから補給が必要となります。
ピーマン・ブロッコリー・いちご・りんご・みかんなどに多く含まれています。


ビタミンEは強力な抗酸化ビタミンです。

ビタミンCの酸化を防ぎ、ビタミンAの活性を高めます。

うなぎ・ナッツ類・かぼちゃ・すじこなどに多く含まれています。



風邪の予防対策・・・①食事から



喉によいといわれる大根・れんこん・きんかんや、解熱作用があるといわれる梅干しを普段から摂る事をお勧めします。

大根おろしを作ったときに、おろし汁を飲むだけでも、咳の予防になりますし、紅茶に生姜を入れたり、番茶に梅干しを入れるなどちょっとした心がけが疲労回復に役立つでしょう。



風邪の予防対策・・・②やっぱり手洗いとうがい。



外から帰ったらすぐ手を洗い、うがいをする事。

これも欠かせません。







日頃から、早寝早起きをし、充分な休養を摂ること。
早寝早起きをし、休養を十分とること。

風邪をちょっとひいても、早い段階ですぐ治ってしまうような体が良い状態といえます。


風邪は、健康のレベルが低下している事を教えてくれ、体のバランスを取り戻しなさいというサインでもあります。

体が発する小さな信号をキャッチできるように、日頃から毎日の食事や暮らしを大切にし、免疫力を高めておきましょう。

特集コラム一覧

  • カリスマ保育士・てぃ先生の園長見習い中
  • LET'S PLAY!世界の保育とゲーム
  • 保育がもっと楽しくなるコラム
  • 明日から使える!あそびコーディネートのコツ
  • 保育のあるある!ゆるり〜ホッと〜相談室
  • 保育士おとーちゃんの・保育の力って何だろう?

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート