2017年02月04日

食卓の「こうしなきゃ」に振り回されない

20170204_35.jpg


忙しい毎日、仕事、育児、家事であっという間に1日は過ぎて行きます。


1週間もあっという間ですね。
気付けば1カ月が過ぎていたなんてことも。




食卓の理想と現実。



忙しい中でも、食事作りは毎日のこと。


働くママには厳しい理想像が立ちはだかりがちです。


「毎日バリエーション豊かにつくらなきゃ。


「みんなに美味しいと言われるものを作れていない・・・」

「一汁三菜!足りていない・・!」など。


食卓の理想を求めて努力していくことは必要なことだと思います。


それによって改善できることもたくさんあるとは思います。


が、高い理想を求めることや、やらねばならない感によって、

毎日が何か苦しいとしたら、

もっとそこから自由になってもよいのではないでしょうか。


ちょっと考えましょう。




時間に追われていませんか?



あれもやらなきゃ、これも早くしなきゃと時間に追われる毎日。


あれもやろうこれもやらなきゃと時間を追いかける毎日。

忙しくしているとあれもこれもと

心も体もじゃばらのようになってしまっています。


じゃばらをゆるめて伸ばしてあげる時間をつくりましょう。


さて、どうしたら伸びるのでしょう。


なんだか大変そうですが・・・




大丈夫を意識して


「今日はここまでできたからOK。


「毎日がんばっているから今日はこれでも○(まる)!」と、

がんばり過ぎないこと、締め付けすぎないことが

なにより必要ではないかと思います。


たくさんのママ達に接してきて思います。


理想に苦しむ方は既にがんばっているということ。


少しくらい労わって自分を許してあげても

ちゃんとまた毎日を充実させていける方たちなのです。




自分に○をする。



自分に○を、OKができる状態、それは少しゆとりがあって、あせっていない時。


そうです、自分で時間を管理しています。


これは難しいことでもなんでもなくて、

ちょっと立ち止まる、5分でも一人休憩する、深呼吸をする。


そんなことからはじめましょう。


すると、そんな時はやる気も出て、ちょっと疲れていてもえいやっと馬力が出るかもしれません。


余裕が出てきたら、早起きも、読書も、子ども達と一緒に遊ぶこともできてしまいそうです。


その力で常備菜や夕ご飯づくりにとりかかれたら、

元気がなく、追われて作ったものよりも

はるかに豊かで楽しい食卓になるのではないでしょうか。


理想の食卓に捕らわれすぎず、毎日の食を楽しむことを優先していきたいですね。







がんばりすぎないことは継続にもつながっています。



無理せず楽にたのしく、毎日の食をたのしみましょう。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート