福岡県築上郡上毛町の保育士求人

  1. 上毛町/新吉富保育所

    福岡県築上郡上毛町大字安雲172

    上毛町/新吉富保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 上毛町/大平保育所

    福岡県築上郡上毛町大字下唐原2141-1

    上毛町/大平保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. ポッポ保育園

    福岡県築上郡上毛町大字中村239-1

    ポッポ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 児童クラブ/大平

    福岡県築上郡上毛町大字東下1512

    児童クラブ/大平
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 児童クラブ/西吉富

    福岡県築上郡上毛町大字緒方575-3

    児童クラブ/西吉富
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 児童クラブ/南吉富

    福岡県築上郡上毛町大字垂水1397-1

    児童クラブ/南吉富
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

上毛町の人口は約7500人です。街の主な産業は農業で、米や大豆、ゆず、柿、ごぼうなどが栽培されています。また、特産品としては、柿を使ったようかんや、豆腐が人気となっています。町は観光にも力を入れており、国指定の史跡「大ノ瀬官衙遺跡」や「穴ヶ葉山古墳」などをPRしています。

上毛町は、新吉富村と大平村が合併した町です。北部は平野があり、南部は山地となっています。この町を通る東九州自動車道では上毛PAがあります。ここでは、ドライブ疲れでトイレ休憩したり、リフレッシュしたりできます。また北九州から南下し、海沿いを走る国道10号線があり、上毛町へのアクセスは便利で、綺麗な海を眺めながら車を走らせると言う人気の地域でもあります。国道10号線から上毛町の主要道路としてよく使われているのが福岡県道・大分県道1号豊前万田線です。この県道は、上毛町の心臓部とも言える道路で、他からする旅行などの観光客が必ず訪れる道路です。

上毛祭は、上毛町で行われる10月の恒例行事です。150万本ものコスモス畑が広がる大ノ瀬官衙遺跡で開催されます。子ども神楽や米俵を引いてタイムを競う奉納台車レースなど、ユニークなイベントが行われます。特産品の販売もあり、上毛町の魅力を体いっぱい体感できます。松尾山のお田植祭は、松会行事のうち田行事が元となった神事で、神様の前で稲作の所作を行うことで、五穀豊穣を祈ります。近年では鉞舞や長刀舞など刀行事の復興も見られ、天下泰平を祈る福岡県の指定無形民俗文化財となっています。長い歴史を持つ民俗芸能を一目見ようと、毎年多くの観光客で賑わいます。

上毛町のスポーツ・レジャーについて、代表的なものを3つ挙げて紹介します。「道の駅 しんよしとみ遺跡前」は新しくできた大型の道の駅で、全国でも珍しい、遺跡と一体になっている道の駅です。大型車の駐車場や、清潔なお手洗いが好評です。遺跡は平安時代の豊前国上毛郡衙の役所跡で、現在は広場になっています。「牛頭天王公園」は市街地を一望できる小高い丘の上にある公園で、春には満開の桜を目当てにたくさんの人が訪れます。「げんきの杜」は住民生活をサポートするための施設で、浴場、図書館、調理実習室などを備えています。

上毛町では、町内に住む乳幼児とその親を対象とした育児助成制度が数多く実施されています。中でも、小児がんなど乳幼児が感染する重篤な症状など特定疾患に対して、上毛町が助成金という形で費用負担を軽減する制度を実施しています。また、これから出産へと挑む女性の中で、特に不妊治療を必要としている片に対して費用の一部を助成する特定不妊治療費助成制度が設けられ、一家の所得合計が730万円未満の世帯であれば、1回15万円を上限に年に2回まで、通算5年を限度として費用の助成を受けることが出来る制度が設けられています。