福島県伊達郡桑折町の保育士求人

  1. 桑折町立醸芳保育所

    福島県伊達郡桑折町字桑島三11-21

    桑折町立醸芳保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 桑折町立/醸芳幼稚園

    福島県伊達郡桑折町字桑島三11-24

    桑折町立/醸芳幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 桑折町立/伊達崎幼稚園

    福島県伊達郡桑折町大字下郡字下郡前4-2

    桑折町立/伊達崎幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 桑折町立/半田醸芳幼稚園

    福島県伊達郡桑折町大字南半田字八反田5-1

    桑折町立/半田醸芳幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 桑折町立/睦合幼稚園

    福島県伊達郡桑折町大字成田字小峯前14

    桑折町立/睦合幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

桑折町は、福島県伊達郡にある町で推計人口は2015年5月1日現在で12,035人です。有名な特産品は「招福こけし」ですが、果物では白桃やりんごもおいしく頂けます。その他お酒やどぶ漬けなどの特産品もあります。

最寄りの桑折駅から広がる東北本線、奥州街道とも呼称される福島県道353号国見福島線から接続され、日本一の延長を持つ国道4号と、充実した交通アクセスが整備されており、観光名所と共に、江戸時代以前における、交通要所としての歴史と機能を、人の流れと共に伝えます。桑折駅は大字南半田字六角にあり、福島交通から路線バスも運行されています。伊達市までは福島県道123号保原伊達崎桑折線、福島市までは福島県道124号飯坂桑折線が結ばれ、双葉郡浪江町から伊達郡国見町までを繋ぐ福島県道31号浪江国見線も通過しています。

福島県の桑折町では子どもが参加できるイベントがいろいろあります。「桑折冬花火の舞」は毎年、成人の日を祝って金原地内で打ち上げられる花火で、「こおり冬花火の舞」は企業の繁栄や家族のしあわせを願って開催されます。寒い冬の空を焦がす花火は桑折町の名物のひとつです。「雛めぐり」は西町から追分まで続く県道沿線で見ることができる雛飾りです。毎年2月の中頃から3月3日まで、個人宅や商店に大切に保存しているお雛様を飾ります。「サイクルフェスティバル」は日本で最古の「三元車」と呼ばれる自転車を製作した鈴木氏生誕の地ということで、自転車に関係するスポーツイベントを毎年行っています。

桑折町は伊達氏の発祥の地です。「歴史の小径コース」が設定されていて、このコースを歩けば町の歴史に触れることができます。たとえば途中にある「つつじヶ丘史跡公園」は、高台の小さな公園ですが伊達氏が信仰した天神跡を整えたものです。あちこち見ながら4キロほどのルートをたどれば、終点の桑折温泉「うぶかの郷」に着きます。さっぱりと汗を流すのに好適で、食事もできます。桑折町でのレジャーを楽しむなら、半田山自然公園です。標高863メートルの半田山と、ハート型の形をした半田沼を中心とした公園です。沼周辺は遅咲きの桜で知られます。水際に立つ桜が水面に投影される姿が美しい所です。8コースある遊歩道や半田山登山の周遊コースなどが整備され、自然を満喫できます。キャンプ場や樹木園、スポーツの出来る多目的広場をはじめとした全部で8ヶ所ある各広場などが配置されています。

福島県の桑折町では、子育てのサポートをするために様々な事業に取り組んでいます。子ども医療費助成制度では、0歳から18歳までにかかった医療費について助成を行っています。助成を受けるためにはあらかじめ申請を行っておく必要があります。助成対象となるのは、入院や通院にかかる医療費と入院時の食事療養費うや補装具等になります。この事業の問い合わせ先は保健福祉課の健康増進係になります。ひとり親家庭医療費助成制度では、父子、母子家庭や両親のいない児童の治療にかかった医療費を助成することで、児童の健康と福祉の増進を図っています。