福島県双葉郡広野町の保育士求人

無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

広野町は福島県の東部に位置し、福島県浜通りの南部にある町です。この町の人口はおよそ5千人程になります。サッカー界屈指のナショナルトレーニングセンターがあり、温泉もある為、観光地としてサービス産業が盛んです。

福島県沿岸部にある広野町は、いわゆる浜通りと呼ばれる地域にある自治体です。広野町の主流となる交通手段も、主に沿岸部にあるJR常磐線や国道6号線が中心となっていて、JR常磐線広野駅は、広野町の鉄道拠点としても活用されているほか、広野町内を巡るバスの始発停留所がある場所となっています。また、広野町が運営する広野町民バスは、コミュニティタイプの乗り合いバスとして運行されていて、1乗車100円の低料金で町内を巡ることができる便利な手段です。さらに、広野町北部には常磐自動車道広野インターチェンジも設けられていて、広野町内からの自動車移動だけでなく、遠方からの訪問にも活用されています。

浜下り神事は広野町にある伝統行事です。同町の大滝神社と鹿島神社による合同例祭で、大滝神社の女神と鹿島神社の男神が出会い、浜辺で禊をするまでを両神社の神輿で表しています。別名を「たんたんぺろぺろ(祭り)」といい、太鼓(たんたん)と笛(ぺろぺろ)の音から名付けられたといわれています。広野町サマーフェスティバルは広野町で開催されている花火大会です。メッセージ花火や音楽花火も打ち上げられ、盆踊りや物産販売も併設されます。ひろの童謡まつりは広野町のイベントです。童謡作詞家の額賀誠志が同町の開業医であったことから、「童謡の里」として開催している童謡コンサートです。また、事前に童謡作詩コンクールで募集され、選ばれた優秀作品に曲をつけて発表しています。

広野町と楢葉町に跨がって立地しているJヴィレッジは、1997年に開設されたスポーツ施設です。様々なスポーツの合宿所、試合開催地として機能する他、日本サッカー初のナショナルトレーニングセンターとして日本サッカーの発展を支えていましたが、東日本大震災に伴い発生した福島原発事故により対応拠点として機能しています。旧県営伝習農場跡地に町内初の総合運動公園として誕生した二ッ沼総合公園は、広大な芝生広場が魅力でバーベキュー、パークゴルフなどアウトドア施設の他、レストランなども併設しています。広野町の海岸沿いには、かつて奥州日の出の松とよばれる大きな松の木がありました。その優美さから日本三名松の一つに数え上げられていたほどの立派な松で広野町に伝わる「安寿と厨子王」伝説にも登場する事から観光名所ともなっていましたが、平成16年頃に台風被害により倒れてしまい、現在は根のみが残されています。

福島県の広野町では、子育て世帯の経済的負担を軽減するための事業をいくつか行っています。チャイルドシート等購入補助事業では、上限を10000円として、チャイルドシートの購入時の金額の半分の助成を行っています。対象となるのは、町内に住所を有していて、チャイルドシートの購入時に6歳未満の子供を養育している世帯になります。対象となる子供1名につき、ベビーシートやチャイルドシート、ジュニアシートを、それぞれ1台のみ助成可能としています。助成の手続きは、町役場の町民課福祉環境グループが問い合わせ窓口となっています。