福島県双葉郡浪江町の保育士求人

  1. ベビーハウス・ピノキオ

    福島県双葉郡浪江町大字権現堂字北深町42-2

    ベビーハウス・ピノキオ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. アスナロ幼稚園

    福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字田中前68

    アスナロ幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 学校法人浪江幼稚園

    福島県双葉郡浪江町大字権現堂字反町4-2

    学校法人浪江幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 浪江町立/大堀幼稚園

    福島県双葉郡浪江町大字小野田字仲禅寺135

    浪江町立/大堀幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 浪江町立/苅野幼稚園

    福島県双葉郡浪江町大字苅宿字鹿畑16

    浪江町立/苅野幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

福島県の浜通り北部に位置している、人口およそ18000人の規模の町です。漁港がある他、カーボンファイバー製品や鉄道用の直流電動ブラシのシェアーが高くなっています。大堀相馬焼きと呼ばれる陶器も地元の産物です。

福島県浪江町は、JR常磐線の浪江駅を有しており、一日に700人ほどの利用客がいます。東日本大震災に伴う原発事故の影響で警戒区域に指定され、建設が中断されていた常磐自動車道の浪江ICは、除染工事が実施された結果2014年12月に浪江ICと南相馬IC間が、2015年3月に常磐富岡ICと浪江IC間が開通し、これにより常磐自動車道は全線開通となりました。また、町内を走る国道6号線も原発事故の影響で通行止めとなっていましたが、2014年9月より自動車の通行が可能となっています。町内には浪江町営バス、葛尾村営バスなどの路線バスも多く走っており、地元住民の生活に欠かせないものとなっています。

福島県浪江町のイベントとしては、請戸地区でおこなわれる安波祭りがあります。「あんばまつり」と呼ばれ、町の無形民俗文化財にも指定されているお祭りですが、起源は約300年前までさかのぼり、御輿を海の中でかつぐめずらしいお祭りです。東日本大震災の後にしばらく休止されていましたが、例年2月の寒い時期におこなわれます。桜の名所、請戸川リバーラインで開かれていた桜まつりも同様に震災で途切れていましたが、多くの避難民が生活する本宮市でしらさわ桜まつりとして復活を果たしました。秋のイベントとしてはコスモスマラソン大会が開催されていましたが、残念ながらこちらは現在休止されています。

福島県双葉郡浪江町は、福島県中部浜通り地区にある自治体です。漁港のある西部山岳地帯にまでおよぶ広大な町域を持ちます。現在この町は東日本大震災における南方にある大熊町域の東京電力福島第一原子力発電所の事故のため、町域の多くが避難指示区域や居住制限区域となっています。山間部にある「キャンプ場ゆうの里&ファーム風の丘」は、現在は営業されていません。請戸海水浴場は町内の漁港の南にある美しい砂浜を持つ海水浴場でしたが、こちらも震災により被害を受け、現在では運営されておりません。日山(天王山)は町の西部の山岳地帯にある標高1054mの山で、6つの登山口をもちます。この山のある区域も福島第一原発事故の影響で立ち入りが制限され、現在登山をすることができません。

福島県の双葉郡に属し、浜通り北部に位置する浪江町。B級グルメの浪江やきそばで知名度が上がりましたが、陶器の製造なども盛んな町です。東日本大震災によるダメージを受け、福島第一原子力発電所事故の影響が残る中、いまだに避難区域が存在する状況ですが、全国的な流れの例に漏れず、少子高齢化対策をおこなっています。2012年の10月からは「子ども医療費助成事業」として医療費の助成が実施されており、浪江町に住所がある子どもの医療費について、それまでは15歳までとされていた対象年齢が引き上げられ、0歳~18歳であれば助成が受けられるようになりました。21,000円未満であれば窓口負担はありません。