福島県石川郡古殿町の保育士求人

無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

古殿町は、福島県石川郡にある町で推計人口は5,494人です。この町にはいくつかの特産品があります。こんにゃくは美味しい水とこだわりの原料を使い逸品です。地酒も手作りで美酒と評判です。その他にも味噌や醤油などがあります。

古殿町は福島県の南東部に位置します。鉄道はなく主要交通路は国道349号線で、町の北部から南西へと抜けています。北は小野町、南は矢祭町方面に通じています。古殿町はこの道路沿いに発展してきました。もう一つ重要な交通路が、福島県道14号いわき石川線です。これは、北西の石川町から南東のいわき市内へと通じているもので、古殿町内では一部が国道349号線と重なっています。JR水郡線の磐城石川という鉄道駅に出るのには、最も近いルートでもあります。路線バスは福島交通が運営しています。349号線と14号線が路線に組み込まれています。石川町方面から発した場合、町境までは行きませんが、それぞれ町の奥のほうまで運行しています。石川駅前の停留所から町役場前までの所要時間は40分前後です。他に支線もあります。

福島県古殿町には子どもが参加できるイベントが多数あります。越代のサクラ祭りでは奥州古殿流鏑馬太鼓のパフォーマンスやステージでのイベントなど楽しみがたくさんあります。露天が出店されわた菓子やフランクフルトなど子供の大好きな物を食べることもできます。古殿八幡神社例大祭は馬に乗ったままで的に矢を射る迫力満点のイベントです。人馬が一体となった名人の技術を生で見ることができます。古殿町商工会が主催するイベント憩いの森フェスタはヒップホップダンスやバンド演奏などのパフォーマンスや早食い大会などがおこなわれます。花火大会もあるので盛り上がります。

樹齢400年以上、県の天然記念物である越代(こしだい)の桜は、幹囲は約7.2m、樹高は約20mにも及ぶヤマザクラの巨木で、林野庁の「森の巨人たち百選」にも選定されています。5月3日の越代のサクラ祭りには、流鏑馬太鼓や出店もあり来場者で賑わいます。ふるどの町民プールは、25mプールを6コース、幼児プールやウォータースライダー、ウォータースライダーを設備し、また温水プールのために年間を通して利用できる施設です。三株高原キャンプ場はトイレや炊事場の設備もあり、高原のきれいな空気の中でキャンプを行えるスポット。天体観測にも向いています。

福島県の古殿町では、地域全体で子育て世帯をサポートするための制度として古殿町ファミリーサポートセンターを設置しています。このセンターでは、子育てを助けたい預かり会員と、助けてほしいお願い会員とを組織して会員相互での助け合いをサポートしています。お願い会員となる条件としては、古殿町に住んでいる又は職場が古殿町にある人で、0歳児から小学6年生までの子供を養育している人が対象となっています。具体的なサポート内容としては、放課後などに子供の預かりを行ったり、保育園などへの送り迎えなどのサポートを行います。