福島県大沼郡昭和村の保育士求人

  1. 昭和村保育所

    福島県大沼郡昭和村大字下中津川字中島1613

    昭和村保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

昭和33年に2村が合併して昭和村が誕生しました。平成27年4月1日現在、2,633世帯7,681人が生活しています。主な産業は農業で、こんにゃくと高原野菜の産地として知られていますが、伝統織物の上布の原料であるからむしを本州で唯一生産しています。また、花束に欠かせないカスミソウの栽培も盛んで夏秋期の栽培面積は全国一位を誇り、年間450万本を全国に出荷しています。

田島バイパスを主に経由する国道400号は、茨城県水戸市から福島県耶麻郡西会津町までを結んでいます。国道50号・118号・401号をはじめ、重複区間が多く、複数のバイパス・国道ルートへの分岐点になっています。福島県道32号柳津昭和線は国道401号を交点として、福島県河沼郡柳津町の国道252号までを結ぶ地方道であり、沿線には西山温泉をはじめとする温泉・観光施設が広がっています。路線バスは、大芦線にて会津乗合自動車が、同村に本社を置く金子建設株式会社も、金子観光バスの名称で、それぞれ運行・運営しています。

福島県の昭和村では、子どもが参加できるイベントをいくつも開催しています。雪のまつりでは、からむし織の雪ざらしの実演や、伝統行事である団子さしなどのほかにも、スノーモービル体験などの親子で楽しめるイベントも盛りだくさんです。博士山の麓に咲きほこっている数万株の水芭蕉の中を散策することが出来る博士山水芭蕉まつりでは、郷土食を食べることが出来る屋台や、特設ステージでのイベントなども行っています。野尻川ます釣り大会では、400キロにも及ぶマスを放流して釣り大会を行うので、子供でもたくさん釣ることができます。

昭和の森キャンプ場は、昭和村にある宿泊施設です。キャンプ場のほか、床張りのバンガロー、畳敷・畳ベッド・トイレありのケビンハウスが選べます。管理棟にはシャワー施設があり、バーベキューハウスも利用できます。昭和村には多くの清水があり、その中でも特に親しまれてきたものを昭和の森銘水としています。例として、源兵衛清水・代官清水・天狗ノ冷泉・冷湖の霊泉があり、それぞれに逸話があります。からむし織の里は、昭和村にある道の駅および伝統保存施設です。道の駅としては「からむし織の里しょうわ」という名称で登録されています。からむし織とは昭和村を代表する伝統産業であり、カラムシという多年草の繊維を用いた織物のことです。

福島県昭和村では、福祉面で様々な取り組みが行われています。まず、「元気で長生き教室」では元気で長生きするための食事の講習会や試食会、手工芸やレクリエーション、体操が行われます。手工芸の材料費100円と米0.5合で参加することができます。また、子育て世代への取り組みとして、18歳以下のお子様に対しては「医療費の窓口無料化」が実施されています。さらに乳幼児に対しては、「乳幼児栄養食品支給」の支援も行われています。これは、出生届を提出した月の翌月から、満1歳到達月までの乳幼児に対して、粉ミルク1缶を毎月15日~月末までの期間中に支給するという支援策です。