福島県田村郡三春町の保育士求人

  1. 三春学園光の子保育園

    福島県田村郡三春町大字貝山字岩田100

    三春学園光の子保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 三春町立/北保育所

    福島県田村郡三春町大字北成田字殿ノ内150

    三春町立/北保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 三春町立/第1保育所

    福島県田村郡三春町担橋1丁目4-1

    三春町立/第1保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 三春町立/第2保育所

    福島県田村郡三春町大字貝山字泉沢100-1

    三春町立/第2保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 三春町立/岩江幼稚園

    福島県田村郡三春町大字上舞木字大谷ツ3-2

    三春町立/岩江幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 三春町立/中郷幼稚園

    福島県田村郡三春町大字柴原字神久保235

    三春町立/中郷幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

三春町は、福島県田村郡にある町で推計人口は2015年5月1日現在で17,075人です。いくつか特産品がありますが、子育てのお守りとされた「三春駒」は有名です。食べ物では「三角油揚げ」が有名で絶品でその他にも「三春索麺」などもあります。

艶やかな桜が咲くことでも有名な福島県三春町は福島県南部に位置する町で、近隣には大型市でもある郡山市を備えるなど、大都市にもつながるさまざまな交通手段が用意されています。その中でも、特に活発に利用されているのが国道288号で、郡山市と双葉町など浜通り方面を繋げる道路として、一般車やトラックなどが足繁く往来する幹線道路です。また、地元民に広く利用されているJR磐越東線、通称「ゆうゆうあぶくまライン」は、郡山市内に仕事を持つ通勤客や通学客が利用する移動手段となっており、三春駅はその中心として栄えています。また、三春町東部の国道288号には磐越自動車道船引三春インターチェンジも併設されており、自動車を活用した三春町から遠方への出発地点となっています。

福島県の三春町では、子供と参加することが出来るイベントが行われています。水かけまつりは毎年1月1日に行われている行事で無病息災や五穀豊穣などを願って行われています。井戸の水を掛け合った後には、泥水まで掛け合う祭りになっているので汚れても良い服装で見物に訪れるとよいでしょう。1月第3日曜日の行われる三春だるま市では、最初から目が入っていることが特徴となっている三春だるまを売る露店が道路に所狭しと並んでいて、お気に入りのだるまを見つけることが出来るはずです。三春盆踊り大会ではやぐらからの太鼓とお囃子に合わせて盆踊りを踊ることが出来ます。

三春ハーブガーデンは、ハーブの他、草花や鉢植え、ガーデニング用品を販売しているガーデンショップです。ガーデン内には、カフェも併設されており、ハーブティや天然酵母を使用したパンを味わうことができます。三春滝桜は、樹齢を千年をこえるといわれる紅枝垂桜です。国の天然記念物に指定されています。三春滝桜が開花する時期には、三春滝桜と駅をつなぐ臨時バスが運行されます。福島さくら遊学舎は、福島ガイナックスが運営するアニメーション専門のミュージアムです。中学校の校舎を再利用して造られました。館内はアニメの原画やフィギュアが展示されています。

福島県三春町では少子化対策として、みはるファミリ―サポートセンター相互援助活動の利用料金を助成する制度を整備しました。対象は町内在住であり、小学校6年生修了前の児童が対象となり、利用手続きはみはるファミリサポートセンターで行います。そして実際にセンターを利用した際、町が直接サポートセンターに利用料金の半額が支払い、利用者はその場で残りの半額を支払うことになります。また子育て支援助成金制度は18歳以下の子供を二人以上養育している世帯で、かつ第2子以降が未就学の子供であることが条件となり、対象世帯の条件も町民税非課税あるいは町民税均等割りのみ納税している世帯であることとなります。具体的には町内私立保育園、幼稚園の保育料金、また町外であればその一部。また家庭で養育されている世帯にも情勢金が支給されます。