Xmas企画"松ぼっくりツリー"をつくってみよう!

haretoki18_1.jpg

こんにちは、中谷アキラです。

もうすぐクリスマスってことで、先日我が家ではクリスマスツリーを飾りました。
娘が小さい頃に買ったツリーなのですが、毎年ちょこちょことオーナメントが増え、年を追うごとに賑やかになってきました。
数々のオーナメントの中で私のお気に入りは、ディズニー映画"アナ雪"に登場するオラフ。
これは娘が紙粘土でつくってくれたものなのですが、子供がつくった手作り感があって、お店で買ったキラキラしたオーナメント達に負けない存在感を醸し出しているんですね。

そこで今回は心温まる「手作り」×「クリスマス」がコンセプト。
雑木林で拾ってきた松ぼっくりを使って、松ぼっくりツリーをDIYしてみたいと思います。

haretoki18_2.jpg

<用意するもの>
・松ぼっくり
・カラースプレー(シルバー、ゴールド、グリーンなど)
・木工用ボンド
・ビーズ(パールなど)
・ペットボトルのキャップ
・マスキングテープ
・ハサミ

(1)松ぼっくり拾い

この季節雑木林は、松ぼっくり、落ち葉、ドングリ、枯れ枝など、地面はカラフルに染まります。この日は雨上がりだったので、松ぼっくりはカサが閉じていました。

haretoki18_3.jpg

<ワンポイント>
松ぼっくりのカサはどうして閉じたり開いたりするのか、子どもたちと話し合ってみると良いですよ。
ヒントは、雨の日は閉じて、晴れた日に開く。さぁどうしてでしょうね?

(2)カラースプレーで塗装する

汚れを落とすため松ぼっくりを水洗いして丸1日乾かしておきます。
しっかり乾ききったらカラースプレーを使って塗装します。
松ぼっくりの中心部までしっかり色付けします。
色乗りが悪い場合、乾いてからもう一度塗るとキレイな仕上がりになります。

haretoki18_4.jpg

ボトルキャップに乗せて塗装すると手が汚れませんよ。

(3)ビーズの飾りつけ

塗装が乾いたら、ビーズやコットンボールなどを木工用ボンドで接着していきます。
キラキラ系のパーツを使うとクリスマス感が出てきます。

haretoki18_5.jpg

(4)台座づくり

そのままだと松ぼっくりが転がってしまうので、ペットボトルのキャップを利用して台座を作ります。

haretoki18_6.jpg

マスキングテープでクリスマス気分を出してみましょう。

(5)完成

台座に木工用ボンドを塗り、松ぼっくりを固定したら完成!!

haretoki18_7.jpg

とってもかわいい松ぼっくりツリーができました!

手作り松ぼっくりツリーいかがでしたか?
身近にあるものでこんなにかわいいミニツリーができますよ。
クリスマスシーズンのインテリアアクセントとして、部屋のあちこちに飾ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BackNumber
→ 転職お役立ちコラム「晴れときどき畑!」をもっと読む