北海道足寄郡足寄町の保育士求人

  1. あゆみ園

    北海道足寄郡足寄町北3条1丁目5−1

    あゆみ園
    • 保育士
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員
    • お問合せください。
    • お問合せください。
    • お問合せください。
    • JR根室本線「池田駅」
  2. 足寄保育園どんぐり

    北海道足寄郡足寄町北3条1丁目5-1

    足寄保育園どんぐり
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. あゆみ園

    北海道足寄郡足寄町北3条1丁目5-1

    あゆみ園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 上利別へき地保育所

    北海道足寄郡足寄町上利別本町

    上利別へき地保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 芽登へき地保育所

    北海道足寄郡足寄町芽登本町

    芽登へき地保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 螺湾保育所

    北海道足寄郡足寄町螺湾本町65-5

    螺湾保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  7. 足寄学童保育所

    北海道足寄郡足寄町南5条5丁目14

    足寄学童保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

北海道足寄町は人口約7000人の町です。農業や林業が産業の中心となっています。テンサイと小麦が主な農産物で馬鈴薯も生産しています。温泉を中心とした観光産業にも力を入れています。足寄カマンベールチーズ工場もあります。

足寄町には、鉄道が走っていません。足寄町へ向かうときには、釧路空港か、とかち帯広空港から車で移動することができます。どちらも距離は100kmほどになります。釧路空港方面は平たんな道なりで、とかち帯広空港のほうが少し山越えがあります。帯広駅からは十勝バスが足寄町に路線バスを運行しています。一日に往路復路共に9本ずつで1時間か2時間に1本ほど運行しています。その他に網走や釧路駅から運行しているバスもあります。足寄町には千歳市と足寄町を結ぶ道東自動車道という高速道路が走っています。

足寄町で子どもが参加できるイベントとしては、毎年5月の下旬に足寄ふるさと花まつりが開催され、丸太切り競争や特設のステージにおいてのステージショーなどが行われています。子どもが楽しめるイベントとしては、8月中旬に足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会が開催されて、ナイアガラなどの花火やさまざまなイベントなどが実施されています。冬季には、毎年1月の下旬にウッドキャンドルナイトが町内の道の駅で開催されていて、カラマツ材を使用したウッドキャンドルの展示が行なわれています。

阿寒国立公園オンネトー湯の滝は、マンガン酸化物生成地として国の天然記念物の指定を受けており、その規模は世界最大とも言われています。溶岩流によってできたエメラルドグリーンのオンネトー湖、緑あふれる森林といった自然の中を楽しめる名所にもなっています。足寄カマンベールチーズ工場ではチーズの製造・熟成工程を見ることができます。エーデルケーゼ館と呼ばれ、道の駅足寄湖となっています。化石や骨格標本を展示している足寄動物化石博物館では、見学だけでなく石の中から本物の化石や鉱物の結晶を掘り出す化石体験もできる場となっています。

足寄町では子育て世帯に対しさまざまな支援を行っており、児童手当の支給もそのひとつとなっています。0歳から中学生までの児童が対象となり、3歳未満の場合は15000円、3歳以上中学校卒業までは10000円を受け取ることができます。手当の金額は一緒に養育されている児童の人数によっても変更され、養育者の所得が上限を超える場合には特例給付として児童1人あたり月額5000円の支給となります。児童手当は育児費用や学費などで経済的負担が大きくなりがちな子育て世帯を行政が支援し、子供の健やかな成長を見守る制度となっています。