北海道足寄郡陸別町の保育士求人

  1. 陸別町役場/陸別保育所

    北海道足寄郡陸別町字陸別原野基線333-1

    陸別町役場/陸別保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

北海道東部の中央に位置する陸別町は、昭和28年の町制施行に伴い誕生しました。平成27年6月末現在、1,361戸2,567人が生活しています。主な産業は農業や林業、酪農ですが、近年日本一寒い町として知られるようになり、日産自動車の北海道陸別試験場等寒さを利用した耐久試験場や陸別サーキット・陸別こがらしマラソンといった観光業にも力を入れています。

陸別町は女満別空港から直線距離で60キロの場所にある地域です。女満別空港からのアクセスは、石北本線に沿って国道39号線を留辺蕊付近まで進み、そこから国道242号線を南下するのが一般的です。国道242号線はそのまま陸別町の中心を縦断しますが、町の中心部である陸別バス停を境目に国道の北側を北見バスの「訓子府・置戸・勝山・陸別線」が平日1日7本(休日は6本)運行しています。陸別から南側は十勝バスの「帯広陸別線」が平日1日9本(休日は7本)運行しています。両社の路線バスは5本が陸別で接続が取られ、北見から帯広間の利便性が図られています。なお、この路線バスはかつて存在した北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の代替輸送バスとして運行されています。

北海道陸別町で子どもが参加できるイベントといえば、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」があります。この祭りでは花火大会や、大抽選会、お笑いステージショー、特別列車乗車体験などいろんなイベントを楽しむことができます。ほかにも「リ・クリエーションサマーinりくべつ」があります。毎年夏の期間に開催されるサマーキャンプで、都会で暮らす子供たちが自然を体験したり現地の子どもとの交流を楽しむことができます。さらに「日産カップ陸別こがらしマラソン」もあります。250人の参加者が北海道の自然の中を和気あいあいと走ることができる大会です。

銀河の森天文台(りくべつ宇宙地球科学館)では星空にやさしい街10選にも選ばれた陸別町の星空を観察できるよう、日本最大級の反射望遠鏡や、四連太陽望遠鏡などを設置しています。星空やオーロラの写真展示のほか、プラネタリウムも上映しており、美しい星空を満喫することができます。オーロラタウン93りくべつは国道242号沿いにある道の駅で、特産物の販売以外にも関寛斎資料館や多目的公園などの施設も備えています。りくべつ鉄道は軽快気動車で走る鉄道であり、車窓からは北海道の自然を眺めることができます。駅構内で体験できるトロッコ列車も人気となっています。

北海道の陸別町では、子育て世帯を支援するための自治体の取り組みとして、様々な支援事業を行っています。妊婦に対しては、妊婦一般健康診査票が14回分、超音波検査受診票が11回分発行されるので、無料で検診を受けることが出来て、妊娠中の健診にかかってしまう医療費の負担を削減することが出来ます。ほかにも保健師が妊婦や新生児のいる世帯を対象として、家庭訪問を行っているので、妊娠中の不安や子育ての悩みを気軽に相談することが出来るようになっています。希望する妊婦に対しては、栄養士による栄養指導や、歯科検診なども行っています。