北海道幌泉郡えりも町の保育士求人

  1. えりも岬保育所

    北海道幌泉郡えりも町字えりも岬

    えりも岬保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 庶野保育所

    北海道幌泉郡えりも町字庶野579-4

    庶野保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 中央保育所

    北海道幌泉郡えりも町字歌別252

    中央保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 光の園幼稚園

    北海道幌泉郡えりも町字本町373

    光の園幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 放課後児童クラブ、児童クラブ係

    北海道幌泉郡えりも町字本町361-10

    放課後児童クラブ、児童クラブ係
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

町の人口は5,082人(住民基本台帳人口、2015年3月31日)、です。産業は漁業およびその加工産業で、中心はコンブ漁で、秋からはサケ・マス漁も盛んになります。襟裳岬を中心とした観光業、えりも短角牛の飼育、競走馬の生産も行われています。

北海道えりも町の交通アクセスについて、JR北海道での所要時間は、札幌~苫小牧が約50分、千歳市~苫小牧が約20分、苫小牧~様似町が約3時間です。バスでは、ジェイ・アール北海道バスの様似町~えりも町が30分、えりも町~広尾町が1時間20分、十勝バスの広尾町~帯広市が約2時間30分になっています。高速バスの「高速えりも号」は札幌駅~えりも町約4時間、大谷地ターミナルから約3時間30分で予約制での乗車となります。車での所要時間は札幌市からは約4時間、千歳市からは約3時間30分、帯広市からは約2時間30分、苫小牧市からは約3時間、様似町からは約30分となります。国道336号の庶野~広尾の区間は黄金道路と呼ばれ断崖絶壁を切り拓いた海岸道が続きます。襟裳岬に向かう国道336号線から分岐する県道34号線の庶野~えりも町歌別までの26.1kmは北海道道34号襟裳公園線となっており、海岸線側は、日本の渚百選、日本の青松百選に選ばれている絶景です。

日高山脈の南端に位置するえりも町は、アイヌ語で岬を意味する「エンルム」から名付けられた町で、南端に有名な襟裳岬があります。ここえりも町で開かれる夏のお祭りが「灯台まつり」です。街中では鼓笛隊パレードが、ステージでは伝統芸能の襟裳神楽が行われ、クライマックスでは1500発もの花火が、短いえりも町の夏のフィナーレを飾ります。10月に開催される「海と山の幸フェスティバル」は町民あげてのイベントです。伝統芸能である「駒踊り」を学生が披露し、吹奏楽部の演奏、そして餅まきやお楽しみ抽選会など子供からお年寄りまでみんなが楽しめるイベントです。

襟裳岬は日高山脈から南に突き出した、約7kmに渡る岬です。1970年代に造られた歌謡曲のタイトルにもなり、有名になりました。先端にある岩礁には野生のアザラシが棲息しています。大型の襟裳岬灯台が岬上にあります。百人浜オートキャンプ場はその襟裳岬から車で約10分の距離にあるキャンプ場です。オートキャンプ以外にも、通常のキャンプが楽しめるエリアもあります。サイト全体を木々が取り囲み、強風を和らげています。利尻富士とも呼ばれる利尻山には、多種多様な高山植物が自生しています。その中でも6月から7月にかけて開花するキバナシャクナゲは薄い黄色味がかった花弁が特徴の高山植物です。ご担当者様 利尻にしゃくなげ公園はありません。利尻山にキバナシャクナゲという高山植物が咲いているので、そのことについて書きました。ご確認ください。

えりも町では、子育て支援事業の一環として、新生児に「えりも町すこやか赤ちゃん誕生祝金」を支給しています。内容は、第一子30000円(10000円を「えりも子育て応援券」(商品券のこと)で支給。20000円を現金または商品券で支給。)、第二子以降は「えりも子育て応援券」で20000円がさらに支給されるというものです。その他には、0歳から中学生までの子供が、病院にかかった際に、窓口で支払った一部負担金が月合計で1000円を超えた場合は、合計金額から世帯負担分の500円を除いた金額を、500円単位で「えりも子育て応援券」で支給してくれる制度もあります。 乳幼児と母親を対象として、歯科保健事業も行っており、3カ月から5カ月の乳児に乳児期から小学校就学前までの歯科検診結果を記録する「歯の健康手帳」を交付しています。定期的な、歯科検診やフッ素塗布を実施し、保護者への歯の健康教育の他、1歳半と3歳児の母親も合わせて歯科検診を行ってくれます。3歳児検診でもし虫歯がなかったら、記念撮影して後日カードでプレゼントしてもらえます。 産後の母親を対象として、「子育てすまいる教室」「ママヨガ教室」「離乳食教室」などもあり、妊娠中の「マミィ(母親)教室」などと合わせて、産前・産後の母親をサポートする体制をととのえています。