北海道上磯郡木古内町の保育士求人

  1. 永盛保育園

    北海道上磯郡木古内町字本町379

    永盛保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 木古内保育園

    北海道上磯郡木古内町字本町669

    木古内保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

上磯郡木古内町は北海道の南側に位置し、津軽海峡に面する町です。人口は5000人ほど、2300世帯が生活をしています。今後北海道新幹線が走る予定なので、街の活性化が期待されています。

北海道の江差線は、函館市五稜郭駅から木古内町駅を走る地方線で、青函トンネルを通る第三セクターの鉄道としても活躍しています。駅数は12を有し全線単線となっています。特急白鳥や寝台特急北斗星は多くの旅客に人気のある車両です。北海道と本州の間にある津軽海峡下の青函トンネルを通る海峡線は津軽海峡線と愛称が付けられており、地元交通の足として活躍しています。函館バスは本社を函館に有し、バス事業のほか不動産事業も手がけています。函館バスが所有すること業所では最大規模を誇ります。

北海道木古内町で子どもが参加できるイベントとしては、毎年5月にサラキ岬チューリップ祭りがサラキ岬を会場に開催されていて、チューリップの観賞会や物産展などの催しが開かれています。また木古内町において実施されている祭りとしては、毎年8月の中旬にきこない咸臨丸まつりがみそぎ公園で行なわれていて、幕末の時代に関連した各種イベントを中心に咸臨丸のパレードなどが開催されています。それ以外の祭りとしては、毎年11月の上旬にふるさと産業まつりが産業会館駐車場で開催され、海の幸や山の幸の即売イベントが行なわれています。
レジャーでは大きく2つのスポットがあります。1つ目はサラキ岬です。津軽の海に面しており、函館山や津軽半島、青森県の下北半島までも望むことができる大パノラマの景色があります。また、1860年に日本からアメリカへの太平洋横断を果たした咸臨丸が眠る場所でもあり、その歴史を学ぶことができます。2つ目はふるさとの森秋山農園です。JR木古内駅から車で約10分。北海道の大地の恵みがたっぷり詰まった新鮮野菜と、たくさんの種類をそろえた花の直売を行っています。その他にも、木古内産のもち米や豆を使用した絶品の大福や、濃厚なソフトクリームなどもあり、町内外からたくさんの人が訪れる場所となっています。ぜひみなさんも足を運んでみてください。

北海道の木古内町では子育てを支援するための自治体の取り組みとして、様々なことを行っています。中学校卒業までの児童のためには、毎年6月、10月、2月の三回に分けてそれぞれ4ヶ月分の児童手当が支給されます。0歳から3歳未満までは、一人月額15000円、3歳から小学校修了前までは一人につき月額10000円、中学生は一人につき月額10000円が支給されます。この手当を申請するためには、健康保険証、預貯金通帳及び印鑑などに加えて必要に応じた書類が必要になるので、詳しくは町民課の住民グループに問い合わせてみてください。