北海道中川郡美深町の保育士求人

  1. 美深町幼児センター

    北海道中川郡美深町字西1条北5丁目

    美深町幼児センター
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

美深町の人口は現在約4600人程です。主な産業としては農業があげられ、くりじゃがやくりかぼちゃなどは特産品として有名な他、北限の稲作地域としても知られています。また、町内には豊かな森に囲まれており林業も行われています。

道北中心部に位置する美深町は、南部に位置する名寄市のベッドタウンとして古くから多くの住民を有する町の1つです。また、美深町は道最北部の稚内市へと至る様々な交通手段が一挙に集約された町で、美深町中心部にはJR宗谷本線など鉄道路線など多くの交通網が密集しています。中でも、美深駅は美深町内最大の中心駅で、周辺には町役場や警察署、ショッピングセンターなどが充実しています。また、JR宗谷本線と平行する形で南北に走る国道40号も、車社会の美深町では重要な交通網の1つです。自動車の往来が多いほか、トラックなどの輸送手段としても広く活用されています。更に、名士バスが運営する路線バスも町内を巡回しており、名寄市や士幌町方面への移動手段にもなっています。

北海道の美深町には子どもが参加できるイベントがいろいろあります。「望の森さくらまつり」は望みの森(川西公園)で5月に開催されるおまつりです。桜の名所として美深町が誇る「望の森」でさくらの頃にお花見やジンギスカンを楽しみます。「美深ふるさと秋まつり」は美深町体育館横イベント広場で、美深の特産品を並べた販売ブースが並び、美深をさまざまな方向から楽しめるイベントもあります。「びふかウインターフェスタ」は寒い時期にも美深を楽しめるイベントがあります。雪中宝探しや雪合戦大会などおとなもこどもも参加できる楽しいイベントやかぼちゃ甘酒無料サービスなどがあります。

天塩川に沿って名寄国道が通る美深町には、道の駅びふかが設置されています。ここでは、美深牛を使用した肉まんや美深産小麦を使用したパスタなど、美深の特産品を前面に出した食事やショッピングも楽しめます。道の駅をさらに進むと美深チョウザメ館があります。町とチョウザメとの繋がりは、明治頃までは天塩川を遡上していたという点にあります。見どころは生きたチョウザメの展示で、1千匹以上が飼育されています。このほかのレジャースポットのひとつとして、トロッコ王国美深があります。ここは美幸線の廃線跡の一部を利用して作られ、普通免許所持で施設内を運転できる、エンジン付のトロッコが目玉となっています。

美深町の自治体の取組で子育て支援制度では、乳幼児等医療費助成制度が充実しています。0歳から15歳到達時の3月31日までを対象とし、通院・入院ともに窓口での自己負担なしで医療機関を受診する事ができます。なお、薬の容器や文書料・差額ベッド代等の保険適用外の診療は助成対象外です。また、美深町には幼児センターがあり、育児相談から園庭開放、遊び場の開放や遊び場ひろばの開催まで様々な取組が行われ、子育てを行う保護者の強い味方として多くの町民に利用されています。幼児センターでは短時間保育や長時間保育などの環境が整備されています。