北海道中川郡中川町の保育士求人

  1. 中川町幼児センター

    北海道中川郡中川町字中川

    中川町幼児センター
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

北海道にある中川町、この町の人口はおよそ1700人です。主な産業は農業、酪農業、林業です。かぼちゃや南瓜、えん麦、そばの生産に力を入れています。またハスカップを使ったワイン、ジャムが町の特産品となっています。

上川郡の最北に位置する中川町は、明治時代にアンモナイトの化石が発掘された町としても全国的に有名で、別名化石の里とも呼ばれています。町内にはこれに由来した様々な観光地が点在しているほか、これらの観光地や町の各地区を行き来する交通手段として、中川町民バスが住民に利用されています。また、JR宗谷本線が町内を流れる天塩川流域に沿う形で運行しており、中川町における最も重要な交通手段の1つです。中でも、天塩中川駅は町の中心駅としても利用されていて、役場なども設置されているほか、中川町営バスの始発停留所がある場所にもなっています。

中川町では、子どもが参加できるイベントとしていくつかのものが行われています。中川神社祭は毎年恒例に行われている伝統的な行事です。町内には神輿が出たり、太鼓の演奏が行われたりと地元の多くの人々が参加している祭りです。ほうねんまつりは毎年秋に行われているイベントです。作物の収穫を祝うイベントとなっており、旬の味覚を味わうことができます。また、盛大なステージイベントや特産品の販売なども開催されています。なかがわ秋味祭りは地元や周辺の地域からの食が集うイベントです。魚のつかみ取りや数多くのグルメの屋台などが出ており、多くの人で賑わいます。

中川町のスポーツ・レジャーについて、代表的なものを3つ紹介します。「茂吉小公園」は歌人斎藤茂吉が、この地で診療所を営んでいた兄を訪ねてきたことを記念した歌碑が建てられています。短歌フェスティバルの入選作品も掲示されています。「中川町エコミュージアムセンター」は全長11m日本最大級のクビナガリュウの化石が展示されています。中川町は、世界的にも有名な化石の産出地として知られています。「道の駅 なかがわ」は木をふんだんに使った居心地のいいスペースで、地元産のハスカップのアイスなどを食べることができます。

北海道中川町の取組み 子育て支援制度北海道にある中川町では、地域の未就学児童を対象とした「まめちょ」という子育て支援制度があります。主な活動内容は、人と人との絆を育て、子育ての孤立化を防ぐことを目的とした、子育て相談や親同士の情報交換の場作りがあります。また、こどもに遊ぶ場を提供し、親に対する支援として子育て講座があります。他にも保健師事業との連携をとり、保健師や栄養士による身体測定や栄養指導を行う、すくすく相談会もあります。サービスを利用する際には、特に申し込みは必要なく、必要な提出書類もありませんので、地域の方であれば誰でも気軽に利用することが出来ます。