北海道瀬棚郡今金町の保育士求人

  1. 今金地域子育て支援センター

    北海道瀬棚郡今金町字今金435-380

    今金地域子育て支援センター
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 認定こども園いまかね

    北海道瀬棚郡今金町字今金435-380

    認定こども園いまかね
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

北海道今金町は人口約5600人の町です。奥美利河温泉、宿泊施設が完備されたクアプラザピリカなどによる観光産業が町の中心産業です。そのほかの産業には農業、林業などがあります。農業では男爵イモや稲作がおこなわれています。

今金町は道内の南西部に位置し、周囲を狩場山や遊楽部岳などに囲まれた山間部にあります。かつては函館本線と日本海側の瀬棚へと続く鉄道路線がありましたが廃線となり、現在は公共交通機関として路線バスの「函館バス」のみが利用できます。今金町へは鉄道を利用する場合は、函館本線の長万部駅で下車し、「函館バス」に乗り70分程で行くことができます。長万部へは札幌からJR函館本線で約2時間、函館からは約1時間半ほど掛かります。自動車を利用する場合は、鉄道同様に渡島半島の沿岸を走る道央道で国縫インターチェンジで降り、「国道230号」で西へ進むと約3時間半ほどで行くことができます。函館からは国道5号で北上し約2時間ほどの距離となります。

今金町で子どもが参加できるイベントとしては、毎年9月にいまかね秋祭りが今金八幡宮で開催され、山車が市街地を練り歩くなどの催しの他に、夜間にはライトアップされた山車を曳き回すイベントも行なわれています。またその他にも、毎年8月中旬に今金いいとこまつりが開催され、魚つかみ取りイベントや流しそうめんなどの企画が催されています。冬のイベントとしては毎年2月にいまかね雪まつりが今金ふれあい広場で開催され、雪上ゲームや雪像の鑑賞会などが行なわれています。

今金町にあるクアプラザピリカでは、自然あふれる環境の中にヨーロッパのお城を創造させる建物が印象的です。温泉の他にも周辺にはスキー施設などもあり、スポーツ・レジャーを満喫できるスポットとして人気となっています。奥美利河温泉も有名で、自然に囲まれた露天風呂や源泉掛け流しを楽しめる温泉として、家族連れにも人気の温泉郷です。また、後志利別川(砂金)も有名です。長万部岳の噴火口に近い場所が源泉となっていて、古くは先土器時代からの生活をしている場所でした。砂金がとれる黄金大地として、人々の生活を支えてきた地域となっています。
今金町では観光業とともに福祉や子どもが住みやすい町づくりに力を入れていて子ども子育て会議を行っています。児童福祉の面では児童手当を支給していて出生から中学3年生までの子どものいる家庭が対象となります。3歳未満は1万5千円、3歳から小学校卒業まで第1子、第2子は1万円、第3子は1万5千円、中学生が1万円と決められており6月には現状届けを出すようになっています。所得制限額以上の方にも支給されますが、年齢に関係なく5千円が支給されます。