北海道宗谷郡猿払村の保育士求人

  1. 鬼志別保育所

    北海道宗谷郡猿払村鬼志別北町131

    鬼志別保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 浜鬼志別保育所

    北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別1979-1

    浜鬼志別保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

町の人口は2,792人(2015年3月31日時点)となっています。主産業は漁業でホタテの漁獲量は日本一を誇っており、その加工業も盛んです。また、410haを有する猿払村営牧場を中心にして酪農も盛に行われています。

道最北の町、稚内市と隣接する猿払村は、オホーツク海沿岸に位置する観光資源が豊かな村です。村内には観光資源として広く活用されている牧場施設など様々な施設が点在しており、これらの施設を巡る観光客が利用する交通手段となっているのが国道238号線です。稚内市から道東地区を結ぶ長大な国道網で、猿払村内の沿岸部を沿う形で敷設されています。また、猿払村では高速バスの利用が可能で、中でも宗谷バスが運営する天北宗谷岬線 のうち、旭川市への直通バスである特急天北号は、猿払村と道央を結ぶ交通手段となっており、村民や観光客にも人気の交通網です。

猿払村には、子どもが参加できるイベントが数多く存在しています。特にさるふつ観光祭りは村をあげてのお祭りです。猿払村はホタテの漁獲量が多いことで有名なので、ホタテの積み上げ大会等を開催しています。子どもは魚をつかみ取りできるイベントに参加できます。くじ引きで当選すれば、無料で参加できるのも魅力です。また、道の駅まつりもあります。道の駅で猿払村の名物を堪能することができます。飲食スペースで、ホタテ焼きや焼きたてパンを楽しめます。お菓子がもらえるお菓子まきイベントなども開催されているので、子どもも退屈せずにすみます。

宗谷地方北部に位置する日本最北端の村でオホーツク海に面し、ホタテの養殖が盛んな村です。旧鬼志別駅跡地にある鬼志別バスターミナルの1階には天北線資料室があり、管内の鉄道の駅にあった看板や時刻表、切符などが展示され、鉄道記念館として残されています。王子の森は、大手企業が手がける自然体験型の環境教育を行う施設です。森を通じて人が自然と関わっているか学習できる場所です。国道238号を車で走ると見えてくる建物が道の駅さるふつ公園です。店内ではやはり名産のホタテが購入でき、併設されているレストランではとれたてのホタテを食べることもできます。公園内には風雪の塔と農業資料館があり、村の歴史を学ぶこともできます。

北海道宗谷郡猿払村はホタテの産地として知られており、水揚げ量は日本一を誇ります。そのため、主要な産業は漁業が中心で、ホタテの採取や加工に多くの人が従事しています。また、2010年の村の人口は2800人余りで、2014年に開村90周年を迎えました。村では産業の振興を図るとともに、子育て支援にも力を入れています。例えば、生活困難なの子どもの給食費や学用品などを援助する「就学援助事業」や、0歳~6歳までの児童の医療費の自己負担分を助成する「乳幼児医療費助成制度」、小学生の放課後に子どもを預かってくれる「学童クラブ」などといった自治体の取組(子育て支援制度など)により、手厚い保護を受ける事ができます。