北海道苫前郡初山別村の保育士求人

  1. ふじみへき地保育所

    北海道苫前郡初山別村字初山別153-1

    ふじみへき地保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

初山別村では、過疎化が激しい北西部にあり、人口はおよそ1300人となっています。主な産業は、漁業や農業、酪農で、なかでも農作物の特産品であるハニカップやミニトマトの栽培がさかんです。また日帰り温泉など観光にも力をいれています。

日本海に面する沿岸部を走る国道232号線、通称オロロンラインの一区間を管轄する初山別村では、主な交通手段の大半が沿岸部に密集しています。特に、国道232号線は村内の移動手段としてだけでなく、村外へ赴くための重要な交通網としても重宝されていて、自動車やトラックなどの交通量が多いほか、沿岸バス が管理と運営を行っている路線バスもこの国道を通じて初山別村内を通行しています。中でも、留萌市内と羽幌、豊富町などを結ぶ路線バスが初山別村内も通行しており、初山別村沿岸部の重要な交通手段の1つです。更に、初山別村東部の山間部には、道道448号線や612号線などが敷設されており、自動車を利用する村民に必要不可欠な交通網の1つとして重宝されています。

子どもが参加できるイベントとして、初山別村ではいくつかのイベントが行われています。その中でも特徴のあるものを2つ紹介していきます。1つ目はしょさんべつ桜まつりです。この祭りは毎年5月になり桜の咲き乱れる時期になると開催されている祭りです。バーベキューや歌謡ショー、祭りに来ている人が参加できるゲーム等、様々なイベントが用意されているので、子供でも年齢を問わず、楽しめるようになっています。2つ目はしょさんべつ岬まつりです。この祭りは毎年夏に開催されている祭りです。会場には屋台が出ており、金魚すくいや的当てなどを楽しむことができます。約300発の花火が締めに打ち上げられます。

日本海に面した初山別村には、海の見えるキャンプ場・みさき台公園があります。公園周辺には道の駅や温泉施設なども設置され、アウトドアからショッピングと食事まで、初山別村の魅力がたくさん詰まっているスポットです。公園内には、しょさんべつ天文台も設置され、日中の館内見学のほか太陽の表面の観察や、夜の天体観望も実施しています。また登録料を収める独自のマイスターズシステムでは、自身の名前を無名の星に登録して、村によって永遠に保管されるという活動も行われています。このほか、村役場方面には自然交流センターが設置されています。ここでは学習や交流の場が設けられ、各種イベント会場としても利用されています。

初山別村には定住促進団地というものがあります。これは村への定住を勧めるために作られた宅地で、土地の賃貸料は年間5万円ほどです。これはあくまで宅地を借りるだけで、その上の住宅は移住者が何とかしなくてはいけません。また、村の中に自宅を新設する人向けに、450万を無利子で借りられる貸付制度があります。それ以外にも高齢者向けの取り組みとして、手すりの取り付けなどのバリアフリー工事をした家に対して助成金を出す制度や、弁当を週3回自宅に届ける配食サービス、年1回使用している布団を乾燥させてくれるサービスがあったりします。