岩手県九戸郡軽米町の保育士求人

  1. 軽米保育園

    岩手県九戸郡軽米町大字軽米第5地割17-1

    軽米保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 軽米町役場/小軽米保育園

    岩手県九戸郡軽米町大字小軽米第6地割4-4

    軽米町役場/小軽米保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 軽米町役場/笹渡保育園

    岩手県九戸郡軽米町大字上舘第58地割108-13

    軽米町役場/笹渡保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 軽米町役場/山内保育園

    岩手県九戸郡軽米町大字山内第26地割7-2

    軽米町役場/山内保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 軽米幼稚園

    岩手県九戸郡軽米町大字軽米第4地割3-1

    軽米幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

岩手県北部にある軽米町人口約1万人、米をはじめとした雑穀を育てる農業がさかんです。とれた雑穀からお酒や南部せんべいなどを作り、特産品として売られています。その他にも軽米黒毛和牛や軽米木炭を生産しています。

岩手県九戸郡軽米町は、岩手県北部にある自治体です。青森県八戸市の南隣に位置します。町内に鉄道は通じておらず、西隣にある二戸市を通るIGRいわて銀河鉄道の金田一温泉駅が最寄り駅となります。町内西部を八戸自動車道が通過しており、町内には軽米ICが設置されています。町の中心部は、このインターチェンジ近くの町役場付近となっています。一般国道としては太平洋岸の県内久慈市から、県内内陸部の二戸市を結ぶ国道395号線と、県内陸前高田市から青森県八戸市を結ぶ国道340号が通っており、町の中心部付近で交差、合流しています。町への公共交通手段としては、路線バスがあります。このうちJRバス東北は二戸駅までの路線を、岩手県北バスは東の久慈市大野や南の九戸村伊保内を結ぶ路線、南部バスが八戸までの路線を運航しています。また八戸道軽米ICバス停には、東北新幹線の八戸市を経由で東北新幹線の七戸十和田駅と東京の池袋を結ぶシリウス号や、八戸と盛岡を結ぶ八盛号といった長距離高速バスが停車します。

岩手県の軽米町の森と水とチューリップフェスティバルでは、約40品種、15万本ものチューリップが咲き誇っていて、高さ16mの風車の展望台で高い場所からチューリップを楽しむことが出来るようになっています。かるまい夏祭りでは、恒例の花火大会だけでなくニジマス釣り大会やナニャドヤラ流し踊り大会、軽トラに商品を載せたお店が軒を連ねる軽トラ市など多彩な楽しみ方をすることが出来ます。食フェスタinかるまいでは、地元で育てられた地鶏や牛肉などをふんだんに使った料理を食べたり、地元のホップを使ったビールの試飲が可能です。

軽米町(九戸郡)公園・緑地には雪谷川ダムフォリストパーク・軽米やミレットパーク・ミル・みるハウスといったものがあげられます。雪谷川ダムフォリストパーク軽米では5月に約15万本以上のチューリップが咲き誇る自然公園で風車展望台など洋風な景観が広がります。散策だけでなく吊り橋やキャンプ場なども併設されており、アウトドア活動にも向いている観光スポットです。雑穀を使った調理や会食の体験・そば打ち体験などが楽しめるミレットパーク、コテージやキャンプ場もあり自然とのふれあいができる場となっています。ミル・みるハウスでは軽米町の特産品などが販売されており、お土産を買うのに最適です。

身体発達が未熟な状態で産まれ入院が必要となる乳児が、指定の養育医療機関にて入院治療を受けた場合に、その治療に必要な医療費を公費負担する制度である未熟児養育医療給付が実施されています。満1歳未満であり県内に住所を有し該当の症状のある未熟児が対象者となります。出生時体重が2000グラム以下である等、医師が治療の必要を認めた症状が対象です。養育医療給付申請書や養育医療意見書、世帯調書、健康保険証の写しなどといった必要書類を未熟児の住所の有る保健所に申請して下さい。認可後に県発行の「納入通知書」によって最寄りの金融機関から支払われます。