鹿児島県大島郡龍郷町の保育士求人

  1. 健児保育園

    鹿児島県大島郡龍郷町瀬留1185-4

    健児保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 龍郷町立/秋名保育所

    鹿児島県大島郡龍郷町秋名858

    龍郷町立/秋名保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 龍郷町立/大勝保育所

    鹿児島県大島郡龍郷町大勝1114

    龍郷町立/大勝保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 龍郷町立/赤徳保育所

    鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木232-1

    龍郷町立/赤徳保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 龍郷町立/龍瀬保育所

    鹿児島県大島郡龍郷町瀬留726-4

    龍郷町立/龍瀬保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 龍郷町立/戸口保育所

    鹿児島県大島郡龍郷町戸口1871

    龍郷町立/戸口保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

龍郷町は、鹿児島から南西に約380km、鹿児島県大島郡の奄美大島北部に位置する町です。人口は約6000人です。特徴的な地場産業としては、奄美黒糖を使った焼酎製造販売や、大島紬の生産などが挙げられます。

龍郷町は奄美大島にある町です。市内に本社がある株式会社しまバスの一般路線バス「しまバス」が町内を運行しています。このバスは町内の7路線を走っています。町内には「国道58号」線が通っています。この国道は鹿児島市からか種子島や嘉島町を通り、那覇市まで至っている一般国道です。国道の大部分は海であり、日本最長の国道である「国道4号」線に次いで、陸上も含めて2番目の長い国道です。この「国道58号」線は沖縄では「ゴーパチ」などの愛称で呼ばれています。町には「鹿児島県道81号名瀬竜郷線」と鹿児島県道82号竜郷奄美空港線が走っています。

龍郷町のふるさと祭は、龍郷町の夏の風物詩です。メイン会場の特設ステージでは、奄美に古くから伝わる伝統芸能である八月踊りや、本格的な島唄ライブ、芸能ショーなどが観られます。漁港の方では舟こぎ競争大会が開かれ、町民みんなで盛大に応援します。夜には華やかな花火が龍郷町の夜空を彩り楽しませてくれます。子ども博物学士講座は、ESDを推進している龍郷町環境教育の一環で、自然に触れ合う体験を通して、豊かな感性を育むことを目的としたイベントです。サンゴ礁や森の植物、昆虫たちの生態を観察したりと、多彩なプログラムが用意されています。

龍郷町にある奄美自然観察の森では、自然の中で奄美特有の亜熱帯植物や、野鳥、昆虫などの観察を楽しめます。園内の森の館は、身近な自然を紹介する展示がされてます。展望台では雄大な太平洋が一望でき、天気の良い日は喜界島が眺められる絶景スポットです。渡連キャンプ場は、ウミガメに出会えることで人気のビーチにあります。マリンスポーツはもちろん、蛍やアマミのクロウサギ観察も楽しめ、思い切り自然を満喫できます。龍郷町戸口にある平行盛神社。壇ノ浦の戦いで、源氏に敗れた平氏の平行盛がこの地で城を構えたという伝承があり、この神社で行盛を祀っています。

龍郷町では子育て支援のひとつとして、妊産婦・新生児訪問事業を行っています。これは新生児のいる家庭を子育ての専門家である助産師や保健師が訪問するもので、子育てのために自宅に閉じこもりがちな子育て世帯を支え、どんな小さなことでも気軽に相談できる相手を作ることで、子供の健全な成長を応援することを目的としています。妊産婦・新生児訪問事業による訪問を希望する場合には、町役場の保健福祉課に出生連絡票を届け出る必要があります。また母子法により、2500グラム未満で産まれた赤ちゃんの場合は、出生連絡票の届け出が義務となっています。