鹿児島県大島郡和泊町の保育士求人

  1. 和泊町立/内城こども園

    鹿児島県大島郡和泊町大字内城510

    和泊町立/内城こども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 和泊町立/大城こども園

    鹿児島県大島郡和泊町大字大城650-2

    和泊町立/大城こども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 和泊町立/国頭保育所

    鹿児島県大島郡和泊町大字国頭2905

    和泊町立/国頭保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. わどまり保育園

    鹿児島県大島郡和泊町大字和泊884

    わどまり保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 国頭幼稚園

    鹿児島県大島郡和泊町大字国頭2904

    国頭幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 和泊町立和泊幼稚園

    鹿児島県大島郡和泊町大字和泊953-1

    和泊町立和泊幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

鹿児島県南部、大島郡にある和泊町は、人口約6,800人。「かごしまの農林水産物認証制度」を取得し、ブランド産地として有名な「春のささやき」と呼ばれる馬鈴薯や、約50年の歴史を持つ石川サトイモ、切り花用として全国で九割の生産・出荷を誇る、えらぶフリージアや、えらぶユリなど、農業を中心に行われ、和泊町有線テレビ「農水ネットワークちばらーワドマイ」による、情報ネットワークを駆使した案内・交流も積極的に取り組まれています。商業では黒砂糖や黒焼酎などの生産が活発であり、ワンジョビーチや日本一のガジュマルなど、多くの大自然の観光地があります。

最北端の国頭岬にある、地方管理空港として運営されている沖永良部空港は、2013年度における年間利用客数は、国内約85,000人。日本エアコミューターによって、鹿児島・奄美・与論のそれぞれの空港を結びます。空港までのアクセスは、沖永良部バス企業団によるバスが運行されています。海路においては、マリックスライン・マルエーフェリーの2社によって、和泊港(天候によっては伊延港)から、鹿児島港・奄美大島など各港を繋いでいます。車道では、主要地方道である、鹿児島県道84号知名沖永良部空港線が整備されています。

沖永良部島にある和泊町では、毎年さまざまなイベントが開かれています。「和泊町港まつり」は7月下旬に2日間にわたって開かれているもので、最大の目玉となる5000発の花火大会のほか、グラウンドゴルフ大会や相撲大会、前夜祭のパレード、船漕ぎ大会などもあわせておこなわれています。「七夕おはなし会」は7月におこなわれているもので、七夕にちなんだお話を楽しむことができます。「町内こども園夏まつり」は、町内にある各こども園の園庭でおこなわれている夏の行事です。このように和泊町では、子どもや保護者、地域住民や観光客が楽しめるイベントがいろいろあります。

和泊町には笠石海浜公園、越山公園キャンプ場、越山展望所があります。笠石海浜公園は笠に似ている岩が近くにあることからそう命名された公園です。3月にはここで沖えらぶジョギング大会が開催されます。越山公園キャンプ場は環境のよいキャンプ場であり、その中には歴史民俗資料館やテニスコートがあります。越山展望所は標高188mの場所に建てられている展望所で、高所から島内と美しい海を見下ろすことが出来ます。展望所近辺には貝やヤギ、少年をかたどった変わったモニュメントがあります。春になるとこの周りに美しい花が咲きます。

和泊町では、育児支援に関するさまざまな取り組みをおこなっています。「特定不妊治療費助成制度」は、不妊に悩む夫婦が顕微授精や体外受精をおこなう場合に必要となる費用として、1回15万円(1年度につき2回までで、通算では5年まで)支給されます。「ひとり親家庭等医療費助成制度」は、両親がいる家庭よりも、ひとり親の家庭の医療費補助を充実させるものです。また、和泊町では休日の急病患者を診察するための「休日当番医制度」を設けています。町内の6医院が持ち回りで休日診療を実施しており、その担当スケジュールや連絡先といった情報を町のホームページで公開しています。