鹿児島県大島郡与論町の保育士求人

  1. ハレルヤ保育園

    鹿児島県大島郡与論町大字茶花2002-1

    ハレルヤ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 与論町立/茶花こども園

    鹿児島県大島郡与論町大字茶花1436

    与論町立/茶花こども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 与論町立/那間こども園

    鹿児島県大島郡与論町大字那間3348-1

    与論町立/那間こども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 与論町立/与論こども園

    鹿児島県大島郡与論町大字朝戸1506-2

    与論町立/与論こども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. ハレルヤ幼稚園

    鹿児島県大島郡与論町大字茶花2002-1

    ハレルヤ幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

鹿児島県「与論町」は、沖縄本島の北にあり、沖縄本島最北端の辺戸岬とは距離にして22キロの位置になる人口はおよそ5,200人の町です。産業は、町内で唯一の酒造メーカーが酒造りを行っています。主な産業は農業・畜産業や観光業で、中でも海水浴やダイビングをはじめとするマリンスポーツなどが人気があり、東京や大阪など遠方から多くの観光客が訪れています。農作物はサトウキビが主流で、他には里芋やゴーヤ、インゲンなど野菜の他マンゴーなどの果樹も栽培されています。畜産業も力をいれており、畜産農家の数は300を超えるほどの規模となっています。

与論島との交通手段は、阪神航路や鹿児島航路、奄美航路などの航路を持っています、「マルエーフェリー」が主要な船便となっています。離島の島々との路線をもつ「マリックスライン」も定期航路があります。船便なので、海上の波にも左右されますが、地元では重要な交通手段として利用されています。長距離路線の神戸から約39時間の定期航路では、客室も各グレード別に用意されており、船内には売店やゲームコーナーなどがあり移動中も快適にくつろげるように配慮されています。また、車椅子での利用も気軽にできるように設計されていますので、気兼ねなく利用することができます。

大和(本土)と琉球(沖縄)の両方から影響を受けてきた与論では、文化もこの2つの流れがあります。旧暦の3・8・10月の15日に地主神社で行われる与論十五夜踊りでは、1番組の大和風と2番組の琉球風が交互に舞います。与論十五夜踊りは島中安穏・五穀豊穣祈願として奉納され、国の重要無形民俗文化財に指定されています。島の青年団が中心になって行うヨロンサンゴ祭 は、与論島最大の夏祭りです。エイサーや島唄のライブで青年団自作の「サンゴファイター」というヒーローショーは子供にも人気。最後は打ち上げ花火で締め括られます。

与論町にある大金久海岸は与論島のビーチの中でも最大のビーチで、白い砂浜が広がり、透明な海が遠浅まで続いています。マリンスポーツで遊ぶことができるようになっており、マリンジェットなどを楽しむことができます。ウドノス海岸は市街地から近く、行きやすい場所にあります。美しい海を楽しむためのサービスも充実していて、シュノーケリングなどを体験できます。赤崎海岸はところどころにある岩礁が特徴的な海岸となっており、海中に広がるサンゴ礁を見ることができます。トイレやシャワーなどの設備も完備されているので、家族連れにも安心です。

与論町では、自治体の取組として、豊かな自然や資源を保護し、文化や芸能の伝統を維持するため、「ヨロン島サンゴ礁基金」を設立しています。ヨロン島をふるさととする出身者はもちろん、与論町に熱い思い入れのある人々からの出資で、さらに個性あふれる住民参加型のまちづくりをめざしています。児童相談所24時間応対相談窓口では、家庭や子育て、虐待などの悩み、お金や近所付き合いなどの相談が24時間対応で行われています。こちらは2015年7月より、189番(児童相談所)で繋がるようになっています。育児制度の一環として、小さなお子様をお持ちの保護者の方の休日・夜間の急な病気などの対処には、短縮番号#8000の短縮番号で、小児科医師や看護師のアドバイスが受けられる「小児救急電話相談」が利用できます。