熊本県阿蘇郡小国町の保育士求人

  1. 小国町立/北里保育園

    熊本県阿蘇郡小国町大字北里2441-2

    小国町立/北里保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 小国町立/下城保育園

    熊本県阿蘇郡小国町大字下城3517

    小国町立/下城保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 小国町立/蓬莱保育園

    熊本県阿蘇郡小国町大字黒渕2503

    小国町立/蓬莱保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 小国町立/宮原保育園

    熊本県阿蘇郡小国町大字宮原176-4

    小国町立/宮原保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 小国町子育て支援拠点カンガルーのぽっけ

    熊本県阿蘇郡小国町大字北里2473

    小国町子育て支援拠点カンガルーのぽっけ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 小国幼稚園

    熊本県阿蘇郡小国町大字下城

    小国幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

小国町は九州中央部に位置しており、人口は7181人(2015年5月現在)です。産業は観光業、農業、林業となっています。観光業は杖立温泉が有名です。農業は乳牛であるジャージー牛の飼育や大根の生産が盛んです。

小国町には鉄道路線は現在なく高速バスが運転されています。まず九州産交バス・日田バスが運転する高速バスがあり福岡から黒川温泉線を運転しています。こちらの路線で小国町は道の駅小国から利用できますので長距離の移動に便利です。またYOKAROが運転する高速バスでは竹田方面や福岡方面への移動に便利な路線となっています。道路事情に関しては山間部ということもありますが高速道路のインターチェンジは小国町内にはありません。しかし国道212号線や国道387号線を利用して大分自動車道の日田インターチェンジや九重インターチェンジへのアクセスが出来ます。

小国町では、大人から子どもまで参加できる様々なイベントが開かれています。「おぐに夏まつり」は毎年8月上旬に開かれる「花火大会」と、毎年8月14日に開かれる「岩魚つかみどり大会」から構成されます。また、同じく8月14日には「中心商店街盆踊り大会」も開かれ、いずれも小国町の夏の風物詩となっています。「大祓夏越祭」は6月30日に実施される地元の大宮子易両神社の行事で、悪を清め無病息災を願う儀式である「茅輪くぐり神事」がおこなわれます。「子育て地蔵尊大祭」は7月23日に開かれる行事で、地元で愛される子育て地蔵にちなんだ祭礼として、可愛いお菓子神輿を子どもたちが引っ張って町を練り歩きます。

鍋ヶ滝では、滝の裏に入ってその珍しい景色を眺めることができます。カーテン状の落水は美しく、人気の観光スポットです。ゴールデンウイーク中にはライトアップされ、またひと味違った姿を楽しむことができます。戦後において日本で最大規模の木造建造物・小国ドームは、杉角材を用いた木造立体トラス構法で建てられています。観客席がある体育館であり、コンサート会場としても利用できます。樹齢1000年以上県内最大の老樹・下の城のイチョウは国指定天然記念物です。多数のひこばえが生じた根元で、枝の張りが大きいのも特徴です。10月中旬?11月中旬のライトアップ期間の姿も素晴らしいイチョウです。

通常の児童手当と共に、小国町独自の制度として取り組まれているのが、特別児童扶養手当制度です。これは、20才未満の小国町在住の方の中で、特に精神あるいは身体に中度以上の障害があると認定された児童を養育する保護者や世帯に対して、特別児童扶養手当の名目で公費から助成をする制度です。福祉環境を増進させることを目的に行われている取り組みの一つで、障害者認定1級に指定されている児童の方で月額50,400円が、2級に該当する児童の方には月額33,570円が支給されます。制度による所得制限がかけられているほか、支払月は毎年3月、4月、8月、11月の合計4回です。ただし、既に障害者年金を受給されている方や児童福祉施設等に入所している方は対象外となります。