宮城県刈田郡蔵王町の保育士求人

  1. 蔵王町役場/永野保育所

    宮城県刈田郡蔵王町大字円田字天王下1-1

    蔵王町役場/永野保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 蔵王町役場/宮保育所

    宮城県刈田郡蔵王町宮字明神前55

    蔵王町役場/宮保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. ベビーハウスたんぽぽ保育園

    宮城県刈田郡蔵王町宮字根方71-1

    ベビーハウスたんぽぽ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 蔵王町立/遠刈田幼稚園

    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字遠刈田北山21-1

    蔵王町立/遠刈田幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 蔵王町立/永野幼稚園

    宮城県刈田郡蔵王町大字塩沢字上野29-23

    蔵王町立/永野幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 蔵王町立/宮幼稚園

    宮城県刈田郡蔵王町宮字馬場66-1

    蔵王町立/宮幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

昭和30年町制施行により蔵王町が誕生し、平成27年6月末現在では4,458世帯12,657人が生活しています。主な産業は町の東部では水田地帯が広がっており稲作が盛んで、旧領地を利用した果樹栽培も県下一の生産量を誇っています。また、観光面においても遠刈田温泉を有し、観光事業も盛んな町です。

宮城県蔵王町を通る国道4号は東京都中央区と青森県青森市を結ぶ一般国道です。蔵王町には高速道路は通っていますがインターチェンジが儲けられておらず鉄道駅もないため国道4号が蔵王市における陸の玄関口であり、北へ行くにも南へ行くにも利用される主要道路です。路線バス青根線は坐王朝を循環する主要バス路線です。白石蔵王駅から蔵王町役場を経由し宮城蔵王ロイヤルホテルを結ぶ青子線は、観光客だけでなく地元住民の足としても重宝されています。高速バス特急仙台は蔵王町と宮城県仙台市とを結ぶ路線で、鉄道駅が無く長距離移動の手段が少ない蔵王町では基調な交通手段です。

宮城県蔵王町で毎年2月に行われているみやぎ蔵王白鳥まつりは、子供でも楽しめるように子供が白鳥に餌付けをしたり、トン汁がふるまわれるイベントになっています。みやぎ蔵王物産祭りでは、豊かな自然を誇っている蔵王町で獲れたばかりの新鮮な特産物を食べたり、購入してお土産にすることが出来るので、おいしいものに目がない人におすすめの祭りです。蔵王町産業まつりでは、蔵王町ふるさと文化会館と産直市場みんな野で、蔵王の農産物や、手作りで作られている生活雑貨のコーナーだけでなく、ステージの上では舞踏や太鼓などの伝承芸能や抽選会なども行います。

宮城県蔵王町のスポーツ・レジャースポットには通称『ことりはうす』と呼ばれる宮城県蔵王野鳥の森自然観察センターがあります。蔵王の自然や野鳥の生態に関する資料の他に、様々な生物の剥製や標本などが展示されています。また実際に給餌台に集まる動物達を観察する事もできます。蔵王ブルーベリーファームでは2,000本を超えるブルーベリーが栽培されており、夏の時期には摘み取り体験もできます。園内のレストランではブルーベリーをふんだんに使ったケーキやアイスクリームなどのスイーツも堪能できます。蔵王町総合運動公園には野球場やテニス場などのスポーツ施設に加え、遊具広場もあり幅広い世代に利用されています。

宮城県蔵王町の子育て支援は、その支援策、環境が充実しています。保育所の保育料を値下げし、他の自治体よりも安く設定されています。また幼稚園でも預かり保育が利用できる利便性が高い取り組みをしています。医療費に関しては親の所得制限なく0歳から中学3年までの医療費の助成をしており、24時間診察可能な公立病院もあります。施設面では図書館や文化施設が充実し、乳幼児が親子で参加できる遊びの場を提供しています。自治体を挙げて子育て環境の整備を進めており、財産である自然環境の中で次世代を担う子供たちを地域ぐるみで支援しています。