宮城県本吉郡南三陸町の保育士求人

  1. 南三陸町立/伊里前保育所

    宮城県本吉郡南三陸町歌津字伊里前206

    南三陸町立/伊里前保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 南三陸町立/志津川保育所

    宮城県本吉郡南三陸町志津川字上の山11-1

    南三陸町立/志津川保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 南三陸町立/名足保育園

    宮城県本吉郡南三陸町歌津字小長柴67-4

    南三陸町立/名足保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. あさひ幼稚園

    宮城県本吉郡南三陸町志津川字廻館211-4

    あさひ幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 入谷ひがし幼児園

    宮城県本吉郡南三陸町入谷字中の町207-3

    入谷ひがし幼児園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

南三陸町は宮城県の北東部に位置する人口約14,000人の町です。リアス式海岸特有の優れた景観を持ち、町土の70%以上は森林となっています。江戸時代以降盛んに行われた養蚕業は現在ではほとんど行われておらず、現在は志津川湾で、ギンザケ、牡蠣、ホタテガイ、ホヤ、ワカメなどの海面養殖業が盛んに行われています。

宮城県南三陸町は非常に交通網が充実しています。具体的にどういうことかと言うと、まず東日本旅客鉄道の気仙沼線が走っています。三陸縦貫鉄道と呼ばれる、三陸地域の住民の大事な脚となっているものの一つです。そんな気仙沼線を使用して、色々な所へあまり不便を感じることなく移動ができるのです。国道45号は、石巻市や八戸市、大船渡市などといった東北地方の中では大きな街をつないでいます。買い物などをする際には非常に重宝するものです。ミヤコーバスという会社のバスが南三陸町のあらゆる所を走り回っています。ミヤコーバス高速バス?と疑問を持つ人も多いです。その背景には、高速バスだけではなく一般バス路線としても大きく活躍していることがあります。

宮城県南三陸町にて子どもが参加できるイベントとして、まずは親子イベント「ゆうえんち」が挙げられます。このイベントに子供と一緒に参加することによって、楽しいことはもちろんですが、それだけではなく子供の創造力を高めることができます。なぜかというとあじさいを使ってちぎりえを作るなどといった工作を行うからです。体を存分に動かせる遊びも用意されているため、子供の健康と発育にも良い効果を発揮します。みんなの子そだてフェスタには、巨大お絵かきや紙飛行機大会、親子で一緒に行うワークショップなどといった豊富な種類の子供が参加できるイベントが用意されています。南三陸夢メッセージ花火に参加して、子供と夢について考えてみることも有意義な経験になります。

「ひころの里・シルク館」は、三陸自動車道登米東和インターから約10kmのところにあります。養蚕に関わる歴史資料や製糸の器具などが展示されている展示室や、インストラクターの指導の元、はた織りでコースターを作ったり繭でコサージュを作るなどの体験ができる体験学習室があります。「神割崎」は、三陸自動車道桃生津山ICから約26kmのところにあります。戸倉半島の先端部に位置し、岬が海水の浸蝕によって削られ二つに割れていることから、神様がその割れ目を作ったという神割伝説がある景勝地でもあります。3月末と10月末には、その裂け目の間から朝日を見ることができます。また、キャンプ場やレストハウスなどの設備も利用することができます。「ひころの里」は、三陸自動車道登米東和インターから約10kmのところにあります。絹の生産で栄えた郷土の歴史を体験することができ、また四季折々の美しい眺めを楽しむことができます。「シルク館」の他、地元の素材にこだわった料理を味わうことのできる「ばっかり茶屋」や農具や掛け軸などが展示されている「松笠屋敷」があります。

宮城県南三陸町は東日本大震災で大きな被害がでて、被災した人が多い地域であるために、福祉についての取り組みもしっかりとしています。児童手当てや児童扶養手当てはもちろんの事、子育て支援という意味では、産まれてから中学3年までの間の医療費を全額助成しています。また子育て支援センターでは、家庭で育児をしている入園前の子供さんと保護者を対象に、子供同士の交流や保護者同士の交流の場を提供し、季節を感じながら、共に学ぶ様々な活動をしています。子育て情報の提供や育児に悩むお母さんの相談も受け付け、総合的な支援に取り組んでいます。