長野県南佐久郡小海町の保育士求人

  1. 小海町小海保育所

    長野県南佐久郡小海町大字小海土村4041-4

    小海町小海保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

小海町は、県東部に位置する町です。人口は約4700人ほどで、北八ヶ岳と奥秩父山塊の間にある町でもあります。主な産業は、観光業です。松原湖や天狗岳といった自然資源に恵まれた町で、小海高原美術館なども観光スポットして注目されています。

長野県南佐久郡小海町に公共交通機関を使って訪れる場合は、JR小海線の小海駅、松原湖駅、馬流駅で下車します。東京方面から行く場合は、北陸新幹線の佐久平駅から小海線に乗り換えるルート(最短で約2時間半)か、中央本線の特急列車(あずさ、スーパーあずさ)に乗車して小淵沢駅で下車し、小海線に乗り換えるルート(最短で約3時間半)が一般的です。一方、小海町ではコミュニティバス(小海町営路線バス)が運行しています。松原湖線は小海駅⇔稲子湯・小海リエックス・八峰の湯・芦平、親沢線は小海駅⇔川平、本間線は小海駅⇔馬越入口で運行しているほか、小海駅を起点とする小海原・箕輪線、溝の原線も運行しています。

小海町の伝統の祭りとして知られている、小海フィンランド夏至祭があり、馬流地区と土村地区で開催される2日間の祭です。最後には花火の打ち上げが夏の空を彩ります。松原湖畔で開催されているのは、フィンランドとの国際交流と友好親善関係を推進するものです。フィンランドのゲームを一緒に楽しんだり、楽器を演奏したりと盛りだくさんのイベントとなっています。また祇園祭に合わせて。小海ふるさと祭りぎおん祭という小海駅前商店街と馬流商店街で行われるお祭りは、多数の出店や商店街のみんなで担ぐ神輿など様々な催し物が行われます。祭りの締めには千曲川で行われる花火大会もあり、夏の夜空を彩ってくれます。夏登山の時期である毎年6月頃に、に登山者の安全を祈願する目的で、小海町八ヶ岳開山祭が催され、アルプホルンの演奏や会員制によるバーベキューパーティなどをすること恒例となっています。

小海町は、JR八ヶ岳高原線沿いに広がる高原リゾート地です。壮麗な八ヶ岳を仰ぐことができる松原湖が、風光明媚な湖として有名です。ボートやワカサギ釣りなどを楽しむことができます。白駒の池は、北八ヶ岳の原生林に囲まれた奥深い地にある天然湖です。標高2000メートル以上にある湖としては日本最大です。神秘的な佇まいは登山者の憧れの的で、秋の紅葉は絶品です。国道が近くを通っているので、車利用でも徒歩15分ほどで訪れることができます。小海町高原美術館は、安藤忠雄氏が手がけたユニークな形状の美術館です。郷土の芸術家の作品を所蔵するほか、現代アートを始めとする特色ある企画展を打ってきました。アニメの背景画や子供のための椅子、環境芸術など、一般の美術館の枠を越えた試みがされていて、多くの人々を惹きつけています。

長野県の東部に位置する自然豊かな小海町。ここで行われている自治体の取組としてまず挙げられるのは、子育て支援のボランティアネットワークの発達です。大きくは「子育てサポートこうみ」と呼ばれており、地域全体で子育てをサポートし、次世代を担っていく子どもの育成に力を入れています。元気な小海っ子見守り隊では、安心安全な地域づくりを目指して、声かけ運動や登下校の見守り、安全パトロールなどが行われています。子育て・孫育て サポーターは、地域のおじいちゃんおばあちゃん世代の人が、イベントの際講師やサポート役としてイベント運営に参加しています。その他、学習ボランティアによる学習活動の補助などにも取り組んでいます。