長野県南佐久郡南相木村の保育士求人

  1. 南相木村保育園

    長野県南佐久郡南相木村中島3478

    南相木村保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

南相木村は、総人口およそ1000人の村です。南相木ダムがあることでも有名です。主な産業は農業や観光業です。ダムの他に御座山に登ったり、滝見の湯といった温泉に入ることができます。観光地として、民俗資料館もあります。

南相木村は鉄道は通っていませんが、近隣自治体にJR小海線がありますのでこれを利用することになります。村を流れる南相木川沿いに集落が形成されていて、ここを主要な交通ルートである県道2号川上佐久線が通っています。村外にアクセスするには主に2つのアプローチがあります。1つは川沿いにこの県道2号を下りながら北上すると小海町に出ます。そのまま道なりに行くと小海駅に到着します。もう1つは、県道2号を南下し馬越峠を越えて川上村に出るものです。そこから進路を西へ取ると信濃川上駅に到着します。公共交通機関は、南相木村営バスがコミュニティバスとして運行しています。主な路線は、村の中心部から小海駅を結ぶものです。所要時間は約25分ほどです。

南相木村で子どもが参加できるイベントとして挙げられるのが、立原高原つつじ祭です。つつじ園の見頃である6月に開催される祭で、歌謡ショーやヒーローショー、ダンスなども楽しめます。商工祭まつたけそば祭りでは、まつたけそばやまつたけおにぎりの出店コーナーをはじめ、キノコ汁が無料で振る舞われたり、優勝者にはまつたけがプレゼントされるまつたけ重量当て大会があるなど、見どころ満載です。お盆に行われるふるさと夏祭りは、屋台や盆踊り大会、ビンゴ大会や花火大会など、地元の人々や帰省客が一緒に楽しむ、地域に根差したお祭りです。

南相木村にある民俗資料館は近年まで使用されていた全国唯一の茅葺屋根庁舎を利用して作られた歴史資料館です。江戸時代に人気だった村芝居で使用されていた廻り舞台や南相木村の歴史を伝える郷土資料などが展示されていますが、1832年に建てられた建物自体が貴重な歴史遺産です。南相木ダムは相木川に作られた発電用ダムです。日本一標高の高い場所に作られたダムとして知られており、ダムによってできた奥三川湖周辺は遊歩道が整備されています。御座山は日本に百名山の一つに数えられる当地を代表する名峰です。標高は2112メートルの御座山は関東と中部地方を分ける関東山地属しており、登山愛好家から人気を集める人気スポットです。

長野県南相木村では、村の過疎化に歯止めをかけ、多くの若い子育て世帯に充実した生活を送ってもらえるよう、さまざまな自治体の取組が行われています。南相木保育所では、少子化対策の一環で第3子以降の保育料が無料化となっています。この制度は県内でも他に例を見ない取組として高く評価されています。またチャイルドシートのさらなる普及に努め、子どもたちを交通事故から守るために、チャイルドシート購入費補助金交付事業も行われています。妊婦の検査費用に対する補助としての妊婦検診補助金交付事業や、これから子どもを望む世帯への不妊治療助成事業もあります。