長野県下伊那郡下條村の保育士求人

  1. 下條保育所

    長野県下伊那郡下條村陽皐865

    下條保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

長野県下條村は県南部下伊那地方、天龍川の西側にある人口4000人ほどの自治体です。1990年代から伊藤喜平村長のもと行政改革、財政改革を進め、手厚い少子化対策を行なっている事でよく知られています。結果、2011年の合計特殊出生率は1.92と高い値を維持し、県内の他の自治体のほとんどが人口減少するなか、下條村は1970年代と比べても人口にほとんど変化がありません。村のユニークな取り組みとしては、いわゆるご当地ヒーロー「地域戦隊カッセイカマン」の存在があげられます。悪の組織「フキョーダ」に立ち向かう「カッセイカマン」をあなたもご覧になってみてはいかがでしょうか。

下條村は中央・南アルプス連峰が一望でき、村内には国道151号線が南北に縦断しています。村内には近隣の南部地区5町村で共同に運行している南部公共バスが地区の「コミュニティバス」として、運行しています。この地区に在住している方の通学、通勤、通院や買い物等、住民の足として、飯田市との間を運行しています。下條村へはこのバスの「阿南線」、飯田市の飯田駅や川路駅から下條村を通り阿南町までの区間の路線が走っています。下條村へは飯田駅から、この南部公共バスを利用していくことができます。このバスは土日祝日と年末年始は運休です。

下條村において子どもが参加できるイベントとしては、毎年7月に開催されているしもじょっ子まつりがあり、下條中学校をメインの会場にキャンドルのイルミネーションなどを鑑賞するイベントや、特設ステージにおいて市民の方が参加したステージイベントなどが実施されています。また大山田神社 例祭が毎年4月と10月に実施されていて、神社の境内において伝統的な祭事が複数催されています。また300年ほどの歴史があり村指定の無形民俗文化財になっている下條歌舞伎が市内のコスモホールにおいて催されていて、毎年11月に定期公演が行なわれています。

下條村を流れる天竜川では、四季を通じ様々な景色が堪能できる天龍ライン下りが人気です。乗船時間は約40分から50分程となっているので、川の涼しい風に当たりながら、ゆったりとした時間を過ごせます。水の景色が豊かなこの村には多く、湖もアウトドアレジャーとして人気となっています。夏も涼しい風が流れ、避暑地としても利用されるこの地には、宿泊施設や貸別荘とバンガローなどを備え、キャンプ場での野外体験も楽しめます。このほかのキャンプ場としては、下條親水公園オートキャンプ場があります。場内はシャワーやトイレと休憩室も備え、清流やマレットゴルフなど一日中楽しめるようになっています。

「長野県下條村自治体の取組」について長野県下伊那郡下條村は人口約4000人の小さな村です。全国に先駆け少子化対策に取り組み、若者を定着させるための若者向け村営住宅の建設し数は10棟もあり子どもの保育料は、第二子が半額、第三子は無料です、医療費は高校卒業するまで村が全額負担しています。若者が村に定着し、出生率も全国トップレベルとなっています。財源確保のために、下條村では職員の数を半数にして、人件費を減らし、昼休みには電気を消すなど徹底した節約、村の道路の補修は、村が資材を提供し、住民が自ら協力して作業します。自治体と村民が一体となり少子化対策、若者の定住、人口の安定に取り組んでいます。