大阪府南河内郡太子町の保育士求人

2017年1月・2月 『保育士バンク!就職・転職フェア』@大阪
  1. 松の木保育園

    大阪府南河内郡太子町大字春日183-8

    松の木保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. やわらぎ保育園

    大阪府南河内郡太子町大字山田306

    やわらぎ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. やわらぎ保育園/育児相談室

    大阪府南河内郡太子町大字山田306

    やわらぎ保育園/育児相談室
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. やわらぎ保育園/地域子育て支援センター

    大阪府南河内郡太子町大字山田306

    やわらぎ保育園/地域子育て支援センター
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 太子町立幼稚園

    大阪府南河内郡太子町大字春日1562

    太子町立幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. やわらぎ幼稚園

    大阪府南河内郡太子町大字山田303-1

    やわらぎ幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

大阪府南河内郡に位置する町で、人口はおよそ13,900人となっています。産業は観光に力を入れており、大阪府公認の天然温泉である太子温泉をはじめ、地元ではワインなど特産品の生産を手がけています。大阪府では有数な古墳の町としても知られているほど、歴史あるスポットも多く存在しています。

近鉄南大阪線が町の北部を通っていますが、最も近い駅は隣の羽曳野市にある上ノ太子駅です。そのため主な交通手段は車やバスになります。金剛自動車は路線バスやタクシーの会社です。地元では金剛バス・金剛タクシーとして知られています。太子線という路線は、喜志駅前ー太子前ー六枚橋ー上ノ太子という経路です。高速道路としては南阪奈道路があり、町内に太子ICがあります。国道166号は町の幹線道路です。その他に大阪府道27号柏原駒ヶ谷千早赤阪線、同32号美原太子線、同33号富田林太子線などの道路がよく利用されています。

大阪府太子町では、毎年6月初旬に唐川の上流付近で「唐川ホタル観賞会」が催されます。暗闇の中美しく飛び交う蛍を見ながら、ほたるおじさんと呼ばれるボランティアの方々が、蛍の生態や生育環境などのお話をしてくれます。また8月に行われる「富田林商工会太子町支部夏祭り」は、沢山の模擬店に河内音頭を踊る盆踊りなど、地元の子供たちが楽しみにするビッグイベントです。大きなやぐらを囲んで、大人も子供も一緒になって盆踊りを踊ります。秋に行われる「竹内街道灯路祭り」では、昔ながらの風情あふれる街道が灯ろうでライトアップされたり、竹内街道ゆかりのいにしえの人々に扮した時代行列が行われ、多くの人でにぎわいます。

二子塚古墳は太子町にある古墳の1つです。推古天皇陵(山田高塚古墳)から200mほどの距離にあり、全長60mほどの大きさで国の史跡に指定されています。一見、2つの古墳のように見えますが、2つの方墳が繋がった双方墳であり、石室も2つあります。地元の伝承には、こちらが本物の推古天皇陵であり、竹田皇子が合葬されたというものがあります。太子温泉は太子町にある温泉宿です。天然温泉であることが特徴で、入浴や食事のみの日帰り利用もできます。小野妹子墓は、太子町にある小さな塚です。古くから小野妹子の墓であると伝承されています。小野妹子は、聖徳太子に遣隋使を任され隋に国書を伝えた人物です。

太子町では、子育て世代を対象に「こども医療費助成制度」があります。内容としては、子供が健康保険証を使って病院に行った際、自己負担の一部を助成してくれるというものです。助成対象者は、0歳児~中学校卒業の児童までです。医療機関ごとに一日500円まで、一か月2回までで、月の限度額は1000円となっています。一か月に自己負担額が2500円を超えた場合は、申請に基づき審査されたのち、後日給付する流れになります。助成の方法としては、医療機関で健康保険証と、こども医療証を提示するだけで、助成を受けることができます。