大阪府泉南郡岬町の保育士求人

2016年10月・11月度 『保育士バンク!就職・転職フェア』@大阪
  1. 岬町立/多奈川保育所

    大阪府泉南郡岬町多奈川谷川1624

    岬町立/多奈川保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 岬町立/淡輪保育所

    大阪府泉南郡岬町淡輪4535-1

    岬町立/淡輪保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 岬町立/深日保育所

    大阪府泉南郡岬町深日2746

    岬町立/深日保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 海星幼稚園

    大阪府泉南郡岬町深日2240-2

    海星幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 教円幼稚園

    大阪府泉南郡岬町多奈川谷川1905-24

    教円幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 岬町立淡輪幼稚園

    大阪府泉南郡岬町淡輪4656-1

    岬町立淡輪幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

大阪府の最南端に位置する岬町は、昭和30年に2町2村が合併し出来た町で、平成27年7月1日現在、7,628世帯、16,582人が生活しています。主な産業は町内の約80%が産地である特性からかつては林業や農業が盛んでしたが、明治以後では「谷川瓦」として有名な瓦の産地としても知られるようになりました。近年では淡輪ヨットハーバーや青少年海洋センターなどの整備を行い、レジャー業を町の中心事業として取り組んでいます。

近くには関西国際空港があります。南海本線は大阪市の難波駅と和歌山市の和歌山市駅とを結ぶ路線です。42駅、総延長64.2Kmの営業となっています。関西国際空港や徳島県へのアクセスを担う路線となっています。そのみさき公園駅からは南海多奈川線が出ています。深日町駅、深日港駅、多奈川駅を含め4駅とも町内にあります。ワンマン運転の2両編成で、2.6Kmの路線となっています。バスは町内循環バスのミニループバスみさきが運行されています。主要な幹線道路として、国道26号、第二阪奈道路、大阪府道65号岬加太港線があります。

毎年開催されている「いすみ市岬町ふるさとまつり」では、展示即売会や青空市などで賑わうほか、様々なショーや抽選会などのイベントも行われています。「みどりっこまつり」は親子が集って子育ての喜び・楽しみを共にする場として、岬町立子育て支援センターが毎年開催しているものです。模擬店があったり、こどもが楽しめる催しなども行われています。ふれあい深日漁港で開催される「深日漁港ふれあいフェスタ」では、B級グルメの出店や、稚魚の放流体験、マグロの解体ショーなどのイベントが行われます。多くの来場者で活気あふれるお祭りです。

町を代表するスポット「みさき公園」は、30近いアトラクションが設置されている遊園地、ライオンやカピバラなど70種類の動物たちが見られる動物園、イルカと一緒に泳ぐこともできるイルカショーコーナー、南海電鉄の本物の車両が展示されているわくわく電車ランド、4種類のウォータースライダーなどが設置されている屋外プール(夏季のみ営業)からなる複合レジャー施設です。大阪湾岸の「せんなん里海公園」には国内唯一の常設ビーチバレー競技場や、「ときめきビーチ」の愛称を持つ淡輪海水浴場があります。みさき公園の近くにある「西陵古墳」は全長210メートルで、国内では26番目の大きさになります。

岬町では、他の市町村同様に、子育て世代を対象にした支援制度があります。その内容としては、中学校を卒業するまでの児童を養育している家庭を対象に、児童手当を支給しています。支給額は、0~3歳までの児童は一律15000円となっています。また、3歳から小学校卒業までの児童は10000円。なお第三子以降は15000円支給されます。そして、中学生は一律10000円となっています。また、児童を養育している方の所得が、所得限度額に達していた場合は、特例給付金として月額一律5000円支給されることになっています。