埼玉県比企郡ときがわ町の保育士求人

2016年10月・11月度 『保育士バンク!就職・転職フェア』@埼玉
  1. 玉川保育室つぼみの部屋

    埼玉県比企郡ときがわ町大字日影144-1

    玉川保育室つぼみの部屋
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. ときがわ町/平保育園

    埼玉県比企郡ときがわ町大字西平725

    ときがわ町/平保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. ときがわ町/玉川保育園

    埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2686

    ときがわ町/玉川保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. はなぞの保育園

    埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木452

    はなぞの保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. ときがわ幼稚園

    埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木452

    ときがわ幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. ひまわりクラブ

    埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2670-1

    ひまわりクラブ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

ときがわ町は町のほとんどが外秩父山地に、南西部は岩殿丘陵の西側に位置しています。人口は1995年の1万4千人をピークに減少の途をたどり現在は推定1万2千人ほどです。また古くから森林と人とのつながりが強い地域であったため林業、製材業を初め木材産業が主要となっています。よって、建具、木工製品は1300年の歴史があるとも言われています。

町内にはJR東日本の八高線が走っています。八高線は八王子と群馬県高崎を結ぶ路線ですが、ときがわ町はそのほぼ中間地点となっています。道路に関しては、複数の県道が通っていて、埼玉県道30号飯能寄居線はそのうちのひとつです。北は国道254号、南は国道299号へと通じています。町営の交通機関として、イーグルバス株式会社に委託するかたちでときがわ町路線バスが運行しています。

ときがわ町において子どもが参加できるイベントで有名なものとしては、毎年6月に開催される玉川花菖蒲まつりがあります。このイベントでは各種農産物の販売会や、町内で活動している団体の発表会などが行なわれていて、親子連れの方などが集まる人気のイベントになっています。またその他にときがわ町で実施されるイベントは、毎年10月にときがわ町玉川トレーニングセンターで催されるときがわもみじ太鼓祭りがあり、子供が参加した太鼓の演奏会が行なわれています。また毎年夏にはときがわ納涼まつりがあり、盆踊りなどの催しが実施されています。

ときがわ町大字大野にある木のむらキャンプ場は、すぐ側を山からの清流が流れ、山に囲まれた大自然の中にあるキャンプ場です。7人前後で利用が可能なバンガローや、テントサイトとオートサイトが備えられ、キャンプセットなどの備品もレンタルしているので、手軽に大人数でのアウトドアが楽しめます。大字日影にある雀川砂防ダム公園は、ダムという大型人工物の建設に伴い、美しい自然と景観の保全を目的として造られた公園です。園内には、花・水・展望の各広場があり、子供から大人まで家族でも楽しめるようになっています。大字西平にある慈光寺は、天武天皇の時代673年の開基とされ1000年以上の歴史があり由緒ある寺院です。宝物として鎌倉時代の慈光寺経や数々の文化財があり、宝物殿は観光客にも開放されています。

ときがわ町では、子育て世帯をサポートするための制度作りを自治体の取り組みとして行っています。住所をときがわ町に有している人を対象とした一時預かり保育は、病気や冠婚葬祭、親族の介護などの理由で子供の保育が一時的に不能になった場合には保育園や認定こども園などで預かりをしています。ファミリー・サポート・センターでは、育児を助けてほしい人と育児を助けたい人が登録をすることで、お互いにメリットのある有償でのサポートをすることが出来るようになっていて、送り迎えや一時的な預かりを行っています。