島根県隠岐郡海士町の保育士求人

  1. けいしょう保育園

    島根県隠岐郡海士町大字海士3980-31

    けいしょう保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 社会福祉法人慶照学園

    島根県隠岐郡海士町大字海士3980-31

    社会福祉法人慶照学園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

海士町は日本海の離島である隠岐諸島の島前のうち中ノ島にあり、人口は約2.3千人です。主な産業としては、農業・水産業のほか、主に国の離島振興事業に従事する建設業があります。後鳥羽上皇や後醍醐天皇が配流されるなど歴史があり、多数の観光資源も存在します。

島根県海士町は隠岐諸島の中ノ島という本州から60Km離れた島に位置するので、最初にあげねばならない交通機関はなんといってもその間をむすぶ船舶です。隠岐汽船によってフェリーと高速旅客船が本州とのあいだで運行されており、海士町では菱浦港がその寄港地になっています。一方、町のなかでは、隠岐海士交通によって豊田線と海士島線の2つのバス路線が運行されていて、200円均一の運賃で乗ることができます。また、隠岐海士交通はタクシーも運営しています。そして、隣の西ノ島と結ぶ目的でつくられたのが島根県道319号ですが、現在、その計画は頓挫し、ふたつの町を結ぶ予定だった島前大橋は造られないままになっています。

島根県の海士町では子供と一緒に楽しむことが出来るイベントがいくつも開催されています。この町に伝わる民謡であるキンニャモニャを歌いながら踊って、1000人も及ぶ大パレードが見どころのキンニャモニャ祭は、町で一番のイベントになっています。色とりどりの衣装を着て、手にはしゃもじを持って踊る、誰にでも気軽に参加することが出来るお祭りです。もともと古典相撲の歴史を持っている町らしく10月にはちびっこ相撲が行われ、小さい子供たちの真剣勝負を観賞することが出来ます。隠岐神社ではやぐらが組まれて、太鼓の音を聞きながら盆踊りをすることが出来ます。

島根県の海士町で行うことが出来る体験ダイビングでは、初心者向けのコースが用意されています。ダイビングの技術はもちろんのこと、器具の付け方や初歩的な知識など初心者でも安心してダイビングをすることが出来るような環境を整えています。海の中でも手厚いサポートを受けることが出来るので、分からないことがあれば細かく質問をして危険をなくすことが出来ます。後鳥羽天皇をお祭りするために建立された隠岐神社は厳粛な雰囲気を味わいたい時におすすめの神社になっています。松島は日本三景の松島にあやかって作られた美しい海岸になっています。

島根県の海士町では子育て世帯を支援するための自治体の取り組みとして、さまざまな事業を行っています。結婚をしたら結婚祝い金として一組につき10万円を支給されます。妊娠中には14回分の妊婦健診を受けることが出来る受診票を交付しています。さらに町外出身者の里帰り出産に関しては、5万円を上限とする里帰り費用の助成を行っているので、交通費やガソリン代などの領収書が必要になります。子供が生まれたときには出産祝い金制度があるので、一人目で10万円、二人目で20万円、三人目で50万円、四人目で100万円の支給があります。