栃木県那須郡那珂川町の保育士求人

  1. 那珂川町立/大内保育園

    栃木県那須郡那珂川町大内3170

    那珂川町立/大内保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 那珂川町立/馬頭中央保育園

    栃木県那須郡那珂川町馬頭52-1

    那珂川町立/馬頭中央保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 那珂川町立/馬頭南保育園

    栃木県那須郡那珂川町富山213-1

    那珂川町立/馬頭南保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 那珂川町立/わかあゆ保育園

    栃木県那須郡那珂川町小川869

    那珂川町立/わかあゆ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 那珂川町立/小川幼稚園

    栃木県那須郡那珂川町小川2505

    那珂川町立/小川幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 那珂川町立/ひばり幼稚園

    栃木県那須郡那珂川町和見82-1

    那珂川町立/ひばり幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

栃木県の東北に位置し、西側には茨城県とも接する那珂川町は、自然豊かな内陸の町です。人口は18500人弱で、主な産業は緑豊かな自然を利用した観光産業です。歌川広重やその版画のコレクションを集めた馬頭広重美術館やいわむらかずおの絵本の丘美術館、ふるさと館など観光スポットも多くあり、また温泉排熱を利用して養殖する温泉トラフグや野生のイノシシが食べられる八溝ししまるなどグルメスポットでもあります。

栃木県の西、隣の茨城県と接する位置にある那珂川町へは車を利用する場合の主な交通は国道293号、もしくは294号線を北上します。また首都圏からは東北自動車道で宇都宮インターチェンジまで、あるいは東関東自動車道、国道4号線を同じく北上します。鉄道を利用する場合はJR東北本線の氏家駅で下車、もしくは宝積駅で鳥山線に乗り換え鳥山駅で下車します。氏家駅前からは栃木県内を走る路線バス東野交通が利用できますし、鳥山駅からは那珂川町の運営するコミュニティバス「馬頭鳥山線」を利用すると市内へと至ります。また町内から市街地への交通手段のない町民のために町では定額料金で利用できるデマンドタクシ―「なかちゃん号」を運営しています。

那珂川町で行われる子供が参加できるイベントを、3つ紹介します。那珂川町夢まつりは、那珂川町小川の河川敷で行われるイベントで、昼は、鮎とマスのつかみどり大会なども開催され、夜は、小川盆踊りや、4000発の花火大会が開催されます。花の風まつりは、那珂川町のあちこちで、イベントが開催されます。商店街、お寺、山の上、個人の家、美術館、道の駅など、馬頭や小川の様々なお店や施設などで、グルメを堪能したり、ワークショップや、お茶会、花見、温泉など、盛りだくさんのイベントを楽しむことができます。那珂川の中流にある、那珂川の観光やなでは、那須岳を見ながら、鮎のつかみ取りをしたり、鮎の塩焼きなどを堪能することができます。

那珂川町には古墳群があり、その中の1つが駒形大塚古墳です。この古墳は前方後方墳で、現代においては農地に囲まれた場所にあり、石碑での説明や駒形大塚公園が造られています。このほか町内には旧小学校の後者を利用した美術館があります。ここは、もうひとつの美術館という名前で、展覧会などのイベントやワークショップが開催され、アートのあり方を提案しています。町を流れる那珂川北側付近の小高い丘には、いわむらかずお絵本の丘美術館があります。バリアフリーの館内は展示スペースのほかに、読書コーナーやショップとティーコーナーなどがあり、誰でも利用できるようになっています。

栃木県東北東に位置する那珂川町は、昭和22年をピークに年々人口が減少し、少子高齢化が進んでいます。この様な状況下で那珂川町は、「農ある田舎暮らし高手の里」と銘打ち、町の北東部に所有する町有地を整備し家屋を新築したり、家庭菜園等で町外在住者が自由に使用することの出来る土地を整備する事業で移住者や定期的に訪れる外来者を増やす取り組みを行っています。また、平成25年10月には町内の北部に位置する小砂地区が「日本で最も美しい村」連合へ全国で50番目加盟し、地域資源である小砂焼き・菊炭・環境芸術作品と共に観光資源として国内外にアピールし、観光客誘致に努めています。