徳島県名東郡佐那河内村の保育士求人

  1. 佐那河内保育所

    徳島県名東郡佐那河内村下字中川原13-1

    佐那河内保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

佐那河内村は徳島県の北東部に位置する村です。徳島県内では唯一の村とされています。人口は約2千人です。農業が盛んで、すだち、蜜柑、ももいちごが多く栽培されています。石楠花の寺として知られる徳円寺は東山湲県立自然公園に指定されています。

徳島県佐那河内村は徳島市内から高知県へとつながる「国道438号」を内陸部へと入った場所にあります。徳島市へは東京からも徳島阿波おどり空港より空の便が利用でき、大阪や九州から高速道と瀬戸大橋などを利用し、またフェリーで直接徳島市へと行くことが可能です。佐那河内村が特に山間部にあるため紫陽花でも有名な大河原高原へと足を運ぶ方も多く、国道438号から「徳島県道18号勝浦佐那河内線」などを利用して約60分程で行くことができます。また唯一の公共交通機関でもある路線バス「徳島バス佐那河内線」を利用すると、徳島駅前から中辺下車で約40分、上嵯峨までは約60分ほどとなります。

徳島県佐那河内村の子どもが参加できるイベントといえば、「お年寄り交流ひなまつり会」があります。保育所で催されるこのひなまつり会では、子どもとお年寄りが一緒になって、歌やゲームを楽しむことができます。ほかにも「ふるさとづくり納涼夏まつり」があります。毎年8月に中央運動公園で催されるこの祭りでは、盆踊りを楽しんだり、屋台での買い物やゲームを満喫することができます。ほかにも「保育所にサンタさんがやってきた!」という催しがあります。その名のとおり、きれいに飾り付けのされた保育所にサンタさんがやってきて、一緒にあそびプレゼントをくれます。

風力エネルギーを電気にかえる、そんな取組を行っているのが大川原ウインドファームです。佐那河内村にはそのための風力発電設備があります。高さ約60mの巨大風車が15基が、佐那河内村だけでなく上勝町・勝浦町に設置されています。風車1基当たりの出力は1,300kWとなっています。いきものふれあいの里は、キャンプ場やネイチャーセンターからなる複合施設です。野鳥や昆虫の観察ができる観察路の他、アカマツやコナラといったが並ぶ森、研修会や勉強会に使用できるレクチャールームを有するネイチャーセンターがあります。清流の源は園瀬川の源となる湧水ポイントです。

徳島県佐那河内村では、平成27年4月よりスタートした子ども・子育て支援新制度のもと、より質の高い幼児教育や保育の実現、待機児童ゼロに向けた取り組みとして、認定こども園の整備を進めています。これは幼稚園の持つ良いところと保育園の持つ良いところを融合した、認定を取得すれば親の就労関係なく誰でも気軽に利用できる園の新しい形です。また保護者や地域の意見、要望を形にした「小規模保育事業」や「事業所内保育事業」の取り組みもあります。これらを実現するために、村民から広くパブリックコメントを求める活動にも盛んに取り組んでいます。