東京都小笠原村の保育士求人

2017年1月・2月 『保育士バンク!就職・転職フェア』@秋葉原
  1. 小笠原村

    小笠原村立母島保育園

    東京都小笠原村母島字元地

    小笠原村立母島保育園
    • 保育士
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員
    • お問合せください
    • お問合せください
    • お問合せください
    • 東京「竹芝桟橋」より小笠原海運おがさわら丸にて小笠原父島へ...
  2. 小笠原村

    小笠原村立/父島保育園

    東京都小笠原村父島字奥村

    小笠原村立/父島保育園
    • 保育士
    • 村内に在住する方
    • 正社員
    • お問合せください
    • お問合せください
    • お問合せください
    • 小笠原父島「二見港」
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

東京都の小笠原諸島で、30あまりの村より構成されており、人口はおよそ2800人となっています。明治時代よりラム酒を飲む習慣があることより、現在でもラム酒が生産されています。主体は観光で、大村海岸や小港海岸の海水浴や、グラスボート、スクーバダイビングなどが楽しめます。

小笠原諸島と東京竹芝桟橋を結ぶ航路に小笠原海運が運航するおがさわら丸があります。24時間以上の船旅をするだけでなく太平洋を渡るわけですから大きな波の上を通過していくとこになります。しかし小笠原諸島に向かうには空港もないためこちらを利用するしかりません。運賃は2等席が25820円で特等席は64590円です。特等席はホテル並みの設備があり快適な船旅になりますが2等席にはいろいろな方がいらっしゃり旅の出逢いを楽しむことができる空間になっています。上陸後の交通機関としては小笠原村営バスを利用して村内を回ることができます。乗り降り自由券もあり1日、2日、3日と選択することができます。

東京都小笠原村で子どもが参加できるイベントとしては、毎年8月の中旬に小笠原サマーフェスティバルが青灯台の周辺のエリアで実施されています。この花火大会は約500発の花火が楽しめる他に、さまざまなイベントが催されている人気のイベントです。また3月の上旬にくじらフェスタが父島で開催されていて、スチールドラムの演奏などが催されています。またスターウォッチングが小笠原村のさまざまなエリアで実施されていて、自然豊かなロケーションにおいて、夕方から夜間にかけて数多くの星の観賞ができるアクティビティが提供されています。

小笠原諸島は全体が世界自然遺産に登録されています。島の周辺にはクジラが生息しており、海からでも陸上からでもホエールウォッチングをすることができます。船で近づいて見られるガイドツアーもあり、運が良ければマッククジラやイルカを間近で見ることができます。また、小笠原には車や徒歩で行くことができない場所があり、そのような場合はシーカヤックやボートなどをつかって行くことになります。ジョンビーチ・ジニービーチや南島は、ツアーガイドが同行しないと上陸がむずかしい場所ですが、天然の美しい風景を見ることができます。

東京との小笠原村では、出産に当たって各世帯の経済的負担を軽減するための自治体の取り組みを行っています。出産支援金としては、父島在住の人には400000円の支援金が、母島在住の人には413000円の支援金の交付を行っています。妊婦健康診査費の助成金も行っていて、最大14回までの支援で、初回が8440円、2回目以降が5150円で、超音波検査の際には5300円の助成金の交付を行っています。母子栄養食品の支給事業も行っていて、生活保護世帯や住民税や所得税の非課税世帯を対象として、粉ミルクの配布を行っています。