和歌山県有田郡広川町の保育士求人

  1. 社会福祉法人ポッポ保育園

    和歌山県有田郡広川町大字山本1521-4

    社会福祉法人ポッポ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 広川町立広川なかよし子ども園

    和歌山県有田郡広川町大字広583

    広川町立広川なかよし子ども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. ポッポ保育園子育て支援センターちびっこクラブ

    和歌山県有田郡広川町大字山本1521-3

    ポッポ保育園子育て支援センターちびっこクラブ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

和歌山県の中でも北部に位置する広川町は、人口が約7,400人の村です。海に隣接しているため漁業が盛んです。また、温州みかんの一つである有田みかんの栽培もメジャーな産業です。町内には、JR西日本の広川ビーチ駅があります。

和歌山県広川町には市内西部の沿岸地域にJR紀勢本線が往来しており、広川ビーチ駅を中心に、夏場の観光目的で訪れる観光客の乗降駅としてだけでなく広川町住民の通勤手段として活用されています。また、広川町の中部を縦断する形で走る阪和自動車道と、それに並行して流れる国道42号線は、広川町に於ける自動車を使った交通手段のメインストリームとなっています。さらに、自動車や鉄道以外の交通手段となるのが、中紀バスが運営する路線バスです。車が利用できない高齢者の方の交通手段としてだけでなく、交通手段に乏しい広川町東部の山間エリアの交通手段としても重宝されています。

和歌山県の広川町では子どもが参加することが出来るイベントがいくつも開催されています。津浪祭ではかつて、津波の被害にあわれた方々のための慰霊と、私財をなげうって津波から街を守るための堤防を築いてくれた地元の偉人たちへの感謝の気持ちをささげています。また、津波への対策を忘れないように、毎年心を引き締めるためのイベントでもあります。稲むら火祭りでは、松明を持って一緒に行進することも出来るようになっています。広川町スポーツ大会では、バドミントンや水泳大会などが行われ、事前に申請すれば気軽に参加することが出来ます。

和歌山県の広川町にある西広海岸は、遠浅の海岸になっているので、子供連れでも安心して海水浴を楽しむことが出来ます。トイレやコインロッカーなどの設備もあるので便利です。アルカリ性低張性冷鉱泉のお湯をふんだんに使っている滝原温泉「ほたるの湯」では、シャワーのお湯にも温泉が使われている贅沢な温泉にあっています。露天風呂だけでなく、ジャグジーやサウナなどの多彩なお風呂を楽しむことが出来ます。稲むらの火で有名な濱口梧陵の行った偉業や、その精神を学ぶために建設された稲むらの火の館は地域の津波防災センター機能も兼ねています。

広川町では子育て世帯への支援として、さまざまな取り組みを行っています。出産時には出産祝い金が設定されており、新生児1人につき5万円、第3子以降は30万円を受け取ることができます。これは町の将来を担う子供の健やかな成長を願い、出産や育児のための出費が多く、経済的負担が大きくなりがちな子育て世帯を支えるためのものとなっています。ほかにもチャイルドシート購入費助成制度などが用意されており、乳幼児1人につき1回限り1万円の助成を行っています。出産後にも子供のための制度が充実しているため、子育てがしやすい町となっています。